シカゴについて 住宅情報 各種手続き 食べる 遊ぶ 買い物 医療・妊娠 観光・旅行 仲間・グループ 学校・お稽古 働く 電話帳 フリマ・掲示板 イベント・カレンダー ぷれ〜り〜バックナンバー
求人情報 賃貸住宅情報 レストランガイド 日本料理店情報 同窓会 同好会・クラブ 習い事 ゴルフ 旅行代理店お勧めパッケージ 郊外の見所 ベーカリー チョコレート屋さん 試してみよう
『シカゴで食べる』のホーム 『住むトコ.COM』 | シカゴ版ホーム | 連絡先 |
住むトコ内検索
電話帳
医者・病院
歯医者
保険
弁護士
不動産会社
銀行・投資
人材派遣
会計事務所
引越し/運送
クルマ
商工不動産
翻訳・通訳
広告・印刷
宅配
旅行代理店
航空会社
レンタカー
ホテル
ツアコン
食料品店
日本料理
レストラン
ベーカリー・クレープ
ショップ
書店/音楽
美容院
ビデオ屋
カラオケ
コンピューター・ネットワーク
新聞
ゴルフ場
英会話・ESL
習い事
同窓会・同好会
協会
ホーム
日本料理
レストラン・ガイド
ベスト3
レストランの手引き
シカゴの食べ物

食料品店

食材対訳表
ベーカリー
珈琲・お茶
チョコレート
調理用換算表
BBQ
ワイン
アフタヌーンティー
ブランチ
食の特集
用語集
   
サイト内検索
生活を開始する為の手続き
観光
医療・病院
エンターテイメント
学校
ショッピング
レストラン
   
賃貸物件リスト
求人情報
フリマ
掲示板
ぷれ〜り〜・バックナンバー
カレンダー
リンク
     
  シカゴのレストランガイド
エリア別

料理の種類別

ベスト3 レストランの行き方 食に関する特集 日本料理

La Creperie  
2845 N Clark St. Chicago MAP 773-528-9050

今回ご紹介するのは、ダウンタウンのLakeviewエリアで1972年から続く老舗のクレープ店、「La Creperie」です。オーナーのGermain Roignant氏はクレープ発祥の地であるフランスのBrittanyで生まれ育ち、そこでクレープ作りを学んだそうです。その後、シカゴで41年間にわたって家族でレストラン経営をしていましたが、2013年に惜しまれつつも閉店。しかし新しいパートナーと共にすぐにお店を再開しました。Clark Street沿いにひしめくようにあるレストランの中でも、一際小さな扉を持つお店の中は、湿ったようなうす暗い空間になっていて、壁一面に貼られた古いポスターや食器棚、コッパーを使ったバー・エリアなどが、どことなく小洒落たフランスっぽさを醸し出しています。さらにその部屋から続く細い通路を抜けると、外観からは想像がつかないような明るい広々としたダイニングエリアがあり、壁に書かれた牧歌的な絵やアンティーク調の家具でアットーホームは雰囲気。20席ほどあるテーブルは間隔が狭いものの、こぢんまりとした居心地のよさもあるので嫌な印象は全く受けませんでした。

お店の看板メニューであるクレープには、大きくわけてお食事系のSavory Crepesとデザート系のSweet Crepesがあります。今回はサボリー・クレープからPoulet aux champignonsと、スイート・クレープからLa Classiqueを頼み、さらに評判の高いSoupe a l'oignon gratinee(French Onion Soup)と本日のスープ(Soupe du jour)のVichyssoiseも注文してみました。食前にはフランス・パンが出てくるのですが、もっちりとしていて塩加減がとってもいいので、ついつい食べ過ぎてしまいそう。チキン・スープにじゃがいもとリークの風味がしっかり効いたヴィシソワーズは、美味しい上にサラサラとしたタイプでお腹にたまらないので、食事前のスターターにピッタリです。フレンチ・オニオン・スープはニンニクをたっぷりと使った濃い目のビーフ・ブイヨンに、パンがたくさん入っています。上にのったチーズはこんがりと香ばしく焦げ目がついていて、スープとのバランスもバッチリ。また、メインに頼んだPoulet aux champignonsは、モチモチのクレープ生地でチキン入りのクリームソースを包み、上にマッシュルームがのせてあるのですが、クリームソースとマッシュルームはそれぞれ単品だと淡白な味ですが、あわせて食べると格段に味に深みが出て美味でした。たっぷりのヌテラ(ヘーゼルナッツ入りのチョコレートクリーム)とバナナを包んだLa Classiqueは、少し火が通ってトロトロになったバナナが◎。モチッとしたサボリー・クレープの生地とは異なり、デザート系クレープの生地はパリッと焼いているのですが、それが実に甘い食材と合っていました。添えてあるホイップクリームも、ほんのりと甘くてかなり空気を含んでいるので、一緒に食べると口の中でフワフワとした軽さが加わり、また違う感じで二度楽しめました。

取材に訪ねた日曜日は、小さな子供から年配の方まで幅広い年齢層のお客さんでとても賑わっていました。クレープのお店といっても、どちらかというとフレンチ・ビストロ的なお店なので、ワインやシードルを片手に食事を楽しんでいる方が多くみられます。シグネチャーのクレープ・メニューはもちろんですが、毎日4時まで行っているLe Brunchも美味しそうでしたので、次回は暖かい季節に訪れて開放的なパティオでブランチ・メニューをトライしてみたいと思いました。

(04/13/2015)

もっちりとしていて塩加減がとってもいい、テーブルサービスのバゲット。

French Onion Soupはビーフ・ブイヨンスープと香ばしいチーズのバランスがバッチリ。

チキン・スープにじゃがいもとリークの風味がしっかり効いたVichyssoise。
Poulet aux champignonsはモチモチのクレープ生地でチキン入りのクリームソースを包んでいます。 たっぷりのヌテラとトロトロになったバナナを包んだデザート系クレープのLa Classique。 小洒落たフランスっぽさを感じる入り口すぐにあるバーエリア。

HOUR:

火−水: 12:00pm-11:00pm
木−金: 12:00pm-2:00am
土: 11:00am-2:00am
日: 11:00am-10:00pm
お勧めのシチュエーション:
デート/ファミリー/日本から家族が来た時/ロマンチックお茶/軽いランチ
服装:
スマートカジュアル
お値段:
$$$$
(¢=$10以下、$=$10~$20、$$=$20〜$30、$$$=$30〜45、$$$$=$45+(ドリンク含まず))
 
     
Copyright: 2001-Present:SUMUTOKO.COM.
All rights reserved. email: info@sumutoko.com
当サイトに関するお問い合わせはシステム統括部webmaster@sumutoko.comまでお願いします。
このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。著作権は『住むトコ.COM』またはその情報提供者に帰属します。
No reproduction, distribution, or transmission of the copyrighted materials at this site is permitted without the written permission of SUMUTOKO.COM., unless otherwise specified. Using this site means you agree to our Terms of Use and Privacy Policy.