シカゴについて 住宅情報 各種手続き 食べる 遊ぶ 買い物 医療・妊娠 観光・旅行 仲間・グループ 学校・お稽古 働く 電話帳 フリマ・掲示板 イベント・カレンダー ぷれ〜り〜バックナンバー
求人情報 賃貸住宅情報 レストランガイド 日本料理店情報 同窓会 同好会・クラブ 習い事 ゴルフ 旅行代理店お勧めパッケージ 郊外の見所 ベーカリー チョコレート屋さん 試してみよう
『シカゴで食べる』のホーム 『住むトコ.COM』 | シカゴ版ホーム | 連絡先 |
住むトコ内検索
電話帳
医者・病院
歯医者
保険
弁護士
不動産会社
銀行・投資
人材派遣
会計事務所
引越し/運送
クルマ
商工不動産
翻訳・通訳
広告・印刷
宅配
旅行代理店
航空会社
レンタカー
ホテル
ツアコン
食料品店
日本料理
レストラン
ベーカリー・クレープ
ショップ
書店/音楽
美容院
ビデオ屋
カラオケ
コンピューター・ネットワーク
新聞
ゴルフ場
英会話・ESL
習い事
同窓会・同好会
協会
ホーム
日本料理
レストラン・ガイド
ベスト3
レストランの手引き
シカゴの食べ物

食料品店

食材対訳表
ベーカリー
珈琲・お茶
チョコレート
調理用換算表
BBQ
ワイン
アフタヌーンティー
ブランチ
食の特集
用語集
   
サイト内検索
生活を開始する為の手続き
観光
医療・病院
エンターテイメント
学校
ショッピング
レストラン
   
賃貸物件リスト
求人情報
フリマ
掲示板
ぷれ〜り〜・バックナンバー
カレンダー
リンク
     
  シカゴのレストランガイド
エリア別

料理の種類別

ベスト3 レストランの行き方 食に関する特集 日本料理

Julius Meinl  
3601 N. Southport Ave. Chicago MAP 773-883-1862
4115 N. Ravenswood Ave. Chicago MAP 773-883-1864

音楽の都ウイーンが育んだヨーロッパNo.1のカフェ「ジュリアス・マイネル」

リグリーフィールドの近く(SouthportとAddisonの角)にあるJulius Meinl(正確にはユリウス・マインルと発音するそうです)は黄色基調がお洒落なウインナーコーヒーの専門店です。大きな窓のおかげで、広い店内はとても明るく、ソファーやカウチもあるので居心地が最高です。テーブル間に余裕があるので、おしゃべりをしていても隣の人をあまり気にする必要はありませんし、雰囲気の良いクラシックをBGMに優雅な時間を過ごせます。

このお店にはシーズナル・ドリンクが、コーヒーと紅茶、共に10種類づつおいてあるのですが、メニューのどこをみても『ウインナー・コーヒー』とは書いてありません。どうやらアメリカに『アメリカン・コーヒー』がないように、ウイーンには『ウインナーコーヒー』というものは存在しないようで、普通のコーヒーだけでなく、オーレやラテ、モカの上にでも生クリームをいつでものせてくれます。とても大きなカップにタップリ入った濃厚なコーヒーは香ばしくて、とても深い味わいで◎。しかもコーヒーの専門店なのに紅茶の味も秀逸で、編集部の頼んだセイロン茶がベースになったハイランド・タフィーは香りも高く、ベリーグッドでした。(ちなみに、このお店には「アメリカン・コーヒー」がメニューにありました。)

また、キャッシャーの横にあるショーケースに並んだケーキやタルトなど、彩り豊かなデザートの数々もお薦めです。取材班の食べたフルーツタルトはレモンの風味が強くてちょっと甘めですがなかなかの味。チョコレートケーキは甘さ控えめですが、一緒に付いて来る本当に甘くない生クリームと一緒に食べるのをお薦めします。ストロベリーとピスタッチオのムースは、甘酸っぱいイチゴの味が美味しく、全体的にクリーミーな口当たりの軽さが好印象でした。そして何よりも取材班のイチオシはチョコレートがコーティングされているクリームパフで、これに全く甘くなくて美味しい生クリームがタップリ入っています。この美味しさは日本並みで、ビターチョコと一緒に食べないと全然甘くないくらいの甘さ控えめ加減が抜群です!

デザートだけでなく、サンドイッチやスープもあり、取材班はROASTED TURKEY AND FONTINAにトライしてみました。オリーブの実をほぐしたものがペーストのようにイタリアンブレッドに塗られているロースティッド・ターキー・サンドイッチは、オリーブの香りがとっても芳醇で○。しょっぱいイメージのあるオリーブですが、ここのは塩加減がバッチリで、ターキーもジューシーでした。その他にもグーラッシュ(ハンガリー風の牛肉シチュー)や、アウフシュニット(ドイツの太ソーセージ)などヨーロッパ色豊かなメニューもあります。

スムトコ・アドバイス
このお店はカフェとしてだけでなく、ギフトショップとしてもオススメで、コーヒーや紅茶は勿論、コーヒーを入れるお洒落なキャニスターや、可愛らしいキャンディー、オレンジ味などのフレーバーのついた砂糖なども売っています。また夏の間はアウトドア・カフェを楽しむ事ができるのですが、エリア柄、ストリートをいく人たちの人間ウォッチングも楽しいですよ。

美味しい生クリームをのせてもらってウインナーコーヒーの出来上がり デザートの美味しいお店っていいですよね〜。 チョコレートがコーティングされているクリームパフ。全く甘くなくて美味しい生クリームがタップリ入っています。
ね、とってもお洒落で空間に余裕のあるインテリアでしょ? コーヒーだけでなく、たっぷり入れてくれる紅茶も美味しいですよ。
日本へのお土産にも良さそうな小物や、詰め合わせセットも沢山。
デザートはショーケースに入ったものを選ぶのですが、どれを選ぶか迷っちゃいます。 一等地にあるのに、意外と大きなスペースなんですよ。 コーヒーはこんな感じでサーブされます。
調子にのって他にも色々食べてしまいました。う〜ん幸せ。 サンドイッチのアップはこんな感じです。
   
あっさりしていてヘルシーな感じです。    

HOUR:

月―木: 6:00 am - 10:00 pm
金: 6:00 am - 12:00 am
土: 7:00 am - 12:00 am
日: 7:00 am - 10:00 pm
お勧めのシチュエーション:
昼下がりのお喋りカフェ、週末のブランチ
服装:
カジュアル
お値段:
$$$$
(¢=$10以下、$=$10~$20、$$=$20〜$30、$$$=$30〜45、$$$$=$45+(ドリンク含まず))
 
     
Copyright: 2001-Present:SUMUTOKO.COM.
All rights reserved. email: info@sumutoko.com
当サイトに関するお問い合わせはシステム統括部webmaster@sumutoko.comまでお願いします。
このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。著作権は『住むトコ.COM』またはその情報提供者に帰属します。
No reproduction, distribution, or transmission of the copyrighted materials at this site is permitted without the written permission of SUMUTOKO.COM., unless otherwise specified. Using this site means you agree to our Terms of Use and Privacy Policy.