シカゴについて 住宅情報 各種手続き 食べる 遊ぶ 買い物 医療・妊娠 観光・旅行 仲間・グループ 学校・お稽古 働く 電話帳 フリマ・掲示板 イベント・カレンダー ぷれ〜り〜バックナンバー
求人情報 賃貸住宅情報 レストランガイド 日本料理店情報 同窓会 同好会・クラブ 習い事 ゴルフ 旅行代理店お勧めパッケージ 郊外の見所 ベーカリー チョコレート屋さん 試してみよう
『シカゴで食べる』のホーム 『住むトコ.COM』 | シカゴ版ホーム | 連絡先 |
住むトコ内検索
電話帳
医者・病院
歯医者
保険
弁護士
不動産会社
銀行・投資
人材派遣
会計事務所
引越し/運送
クルマ
商工不動産
翻訳・通訳
広告・印刷
宅配
旅行代理店
航空会社
レンタカー
ホテル
ツアコン
食料品店
日本料理
レストラン
ベーカリー・クレープ
ショップ
書店/音楽
美容院
ビデオ屋
カラオケ
コンピューター・ネットワーク
新聞
ゴルフ場
英会話・ESL
習い事
同窓会・同好会
協会
ホーム
日本料理
レストラン・ガイド
ベスト3
レストランの手引き
シカゴの食べ物

食料品店

食材対訳表
ベーカリー
珈琲・お茶
チョコレート
調理用換算表
BBQ
ワイン
アフタヌーンティー
ブランチ
食の特集
用語集
   
サイト内検索
生活を開始する為の手続き
観光
医療・病院
エンターテイメント
学校
ショッピング
レストラン
   
賃貸物件リスト
求人情報
フリマ
掲示板
ぷれ〜り〜・バックナンバー
カレンダー
リンク
     
  シカゴのレストランガイド
エリア別

料理の種類別

ベスト3 レストランの行き方 食に関する特集 日本料理

Frio Gelato  
3721 N Southport Ave. Chicago MAP 773-799-8683
1301 Chicago Ave. Evanston MAP 847-868-8767

ジェラートというとイタリアを連想しがちですが、イタリア系移民の多いアルゼンチンでも独自のジェラート文化が発達しているのをご存知でしょうか。アルゼンチンではカフェよりもジェラート店のほうが多いと言われるくらいにお店がいたるところにあり、アルゼンチン人が年間に消費するジェラートの量はなんと7キロともいわれるほど現地では欠かすことのできない食べ物なのだそうです。しかも、アルゼンチンのジェラートは素材そのままの味わいや色合いを何よりも大切にしていて、甘さ控えめで繊細な味わいを好む日本人の舌にもピッタリ。今回はそんなアルゼンチン系の絶品ジェラートの食べられるお店「Frio Gelato」をご紹介します。

オーナーのセバスチャンは、かつて自身のセーリングボートで21か国を旅しながら、行く先々で様々なアイスクリームやジェラートを食べてきたそうなのですが、やはり祖国アルゼンチンの滑らかなジェラートが忘れられず、ここシカゴにお店をオープンするに至ったそうです。お店はエバンストンとシカゴ市内の二か所にあり、今回はChicago AvenueとDempster Streetの交差点の角にあるエバンストン本店を訪れました。お洒落な外観同様に、爽やかな水色をベースに取り入れたインテリアも素敵で、店内で焼いているワッフルコーンの甘い匂いでいっぱいです。

メニューには3種類の大きさのカップとアルゼンチンの伝統的なワッフルコーン”Cucuracho”、それから”Alfajor”と言われるアルゼンチン・クッキーで挟んだジェラートサンドイッチ”Alfa-lato”や、ジェラートにクリームやトッピングとソースをかけたサンデー、その他にも”Barquillo”と呼ばれる手作りワッフルボウルや、バニラジェラートにエスプレッソをかけた”Ahogado”、そしてお好みのジェラートで作るシェイクなどがあります。今回はシンプルにワッフルコーンにのせた5種類のジェラートを試してみました。

(07/09/2018)

Chocolate Sorbet
吸い寄せられるような光沢のある色合いに心を奪われてしまったチョコレートソルベは、チョコの濃厚でリッチな味わいが堪能できます。手作りのホワイト・ワッフルコーンもパリッと香ばしく、ジェラートとの相性も抜群です。
Malbec wine & berries
マルベックワインにベリーを合わせた大人っぽいジェラートには、ほろ苦いチョコワッフルコーンを合わせてみました。口に入れると芳醇なワインの香りがフワッと漂い、取材班には大好評。食後のリフレッシュメントにも良さそうです。
Avocado/Mango/Tequila Lime
カップ型のワッフルコーンには3種類(2スクープ&1スモールスクープ)のジェラートを組み合わせられるので、ネットレビューでも美味しいと高評価だったアボカドとトロピカルなマンゴー、それに店員さんがお勧めするテキーラ・ライムをチョイス。アボカドはまったりとクリーミーな味わいで、マンゴーはフルーツそのものを食べているようなフレッシュ感があります。また、テキーラライムは爽やかでさっぱりとしたライムの苦みがきいているので、暑い日には特にお勧めのフレーバー。

この他にもマスカルポーネにラズベリーを合わせた Mascarpone Cheese and Raspberryや、カスタードにワインを合わせたEgg Custard with Marsala Wineなど、「Frio Gelato」ならではのユニークなオリジナル・フレーバーがまだまだあります。どのジェラートも甘すぎず、素材のナチュラルな風味がしっかりと楽しめるので、後味がスッキリとしていて何度でも食べたくなります。エバンストンの街の散策の合間のひと息にはもちろん、カップに詰めてもらってお土産にも嬉しいジェラート店です。

(07/09/2018)

 

HOUR:

月−木: 12:00 am - 10:00 pm
金土日: 12:00 am - 11:00 pm
お勧めのシチュエーション:
ファミリー、テイクアウト、軽いデート、お茶
服装:
カジュアル
お値段:
¢
(¢=$10以下、$=$10~$20、$$=$20〜$30、$$$=$30〜45、$$$$=$45+(ドリンク含まず))
 
     
Copyright: 2001-Present:SUMUTOKO.COM.
All rights reserved. email: info@sumutoko.com
当サイトに関するお問い合わせはシステム統括部webmaster@sumutoko.comまでお願いします。
このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。著作権は『住むトコ.COM』またはその情報提供者に帰属します。
No reproduction, distribution, or transmission of the copyrighted materials at this site is permitted without the written permission of SUMUTOKO.COM., unless otherwise specified. Using this site means you agree to our Terms of Use and Privacy Policy.