シカゴについて 住宅情報 各種手続き 食べる 遊ぶ 買い物 医療・妊娠 観光・旅行 仲間・グループ 学校・お稽古 働く 電話帳 フリマ・掲示板 イベント・カレンダー ぷれ〜り〜バックナンバー
求人情報 賃貸住宅情報 レストランガイド 日本料理店情報 同窓会 同好会・クラブ 習い事 ゴルフ 旅行代理店お勧めパッケージ 郊外の見所 ベーカリー チョコレート屋さん 試してみよう
『シカゴで食べる』のホーム 『住むトコ.COM』 | シカゴ版ホーム | 連絡先 |
住むトコ内検索
電話帳
医者・病院
歯医者
保険
弁護士
不動産会社
銀行・投資
人材派遣
会計事務所
引越し/運送
クルマ
商工不動産
翻訳・通訳
広告・印刷
宅配
旅行代理店
航空会社
レンタカー
ホテル
ツアコン
食料品店
日本料理
レストラン
ベーカリー・クレープ
ショップ
書店/音楽
美容院
ビデオ屋
カラオケ
コンピューター・ネットワーク
新聞
ゴルフ場
英会話・ESL
習い事
同窓会・同好会
協会
ホーム
日本料理
レストラン・ガイド
ベスト3
レストランの手引き
シカゴの食べ物

食料品店

食材対訳表
ベーカリー
珈琲・お茶
チョコレート
調理用換算表
BBQ
ワイン
アフタヌーンティー
ブランチ
食の特集
用語集
   
サイト内検索
生活を開始する為の手続き
観光
医療・病院
エンターテイメント
学校
ショッピング
レストラン
   
賃貸物件リスト
求人情報
フリマ
掲示板
ぷれ〜り〜・バックナンバー
カレンダー
リンク
     
  シカゴのレストランガイド
エリア別

料理の種類別

ベスト3 レストランの行き方 食に関する特集 日本料理

Falafill  
1428 N Meacham Rd., Schaumburg MAP 847-882-4444

今回ご紹介する「Falafill」は中東料理のファーストフード店内で、串に刺したお肉を回転させながらグリルしたシャワラマや、つぶしたひよこ豆を揚げたファラフェルなどを、「メッゼ」と呼ばれる中東の前菜料理と組み合わせたライスボウルやサンドイッチを提供しています。ファストフードと言っても味はかなり本格的で、前述した「メッゼ」も全部で10種類以上用意されています。また、手作りの中東系のパンやピザはキッチンにある専用の石窯で焼くというこだわりようです。木目調の壁や家具を中心にニュートラル・カラーでまとめた店内はモダンで清潔感があり、鮮やかな白とブルーを基調にしたキッチンカウンターの装飾タイルが、爽やかな中東の白い建物と青空をイメージさせます。

それでは、今回試したものをご紹介しましょう。

<Bowl Falafel>
ブラウンライスと葉野菜の上にFalafel(ひよこ豆をつぶしてスパイスを混ぜた中東のコロッケ)をのせたボウルです。トッピングに3種類のメッゼを選べるのですが、日本人にはあまり馴染みのないものばかりなので、店員さんにアドバイスをしてもらったり、試食をさせてもらいながら決めると良さそうです。今回はCouscous (クスクス)とMuhammara (唐辛子やクルミ、パン粉、オリーブオイルを合わせたペースト)、そしてLevantine Salad(きゅうりとトマト、パセリのサラダ)を選びました。さらにディップも一種類選ぶことができるので、店員さんお勧めのきゅうりとヨーグルトのディップをお願いしました。カリカリに揚げたファラフェルは塩味がしっかりとしていて、サイドの爽やかなヨーグルトディップとの相性もバッチリ。ボウルに入っている全てのアイテムを少しずつ混ぜて食べると、全体的にさっぱりとした味わいにまとまります。ハーブやスパイスのクセも感じることなく、クスクスのモチモチとした食感と、ムランマラもクルミとオリーブオイルのコクも見事に引き立っているのが特徴で、辛さに関しては辛味が控えめな唐辛子が使われているので辛さ具合も丁度良かったです。お肉は使われていませんがボリュームがとてもある上に、半分サイズのピタパンもついてくるのでお腹は大満足でした。

<Bowl Steak>
マリネをしてから焼いたSteak Shawarmaがメインの丼で、こちらもベースにブラウンライスと葉野菜がすでに入っています。ファラフェル・ボウル同様に3種類のメッゼをトッピングできるので、Mahrouseh(パンチのあるガーリック・ポテトムース)とMint Cabbage(キャベツの千切りとミントの炒めもの)、そしてQuinoa Tabbouleh(キノア入りレバノン風サラダ)を選び、ディップはZough(イエメン風香菜とガーリックのペースト)を頼みました。ほんのりと香ばしいステーキはしっとりと柔らかく、滑らかな舌ざわりのガーリックポテト・ムースのニンニクが食欲をそそります。キャベツの炒めものはミントの香りが強すぎず、キノア入りのタブーレもお肉と抜群のコンビネーションです。こちらも具を少しずつ混ぜながら食べると適度な辛さと酸味が合わさって、味や食感のハーモニーが楽しめます。

<Wrap Chicken Shawarma with House Fries>
香ばしくて柔らかいチキンのシャワルマと、カリカリに焼いたポテト、それにバナナ・ペッパーをトルティーヤで包んだラップサンドイッチです。モチモチ&チューイーなトルティーヤが全体をうまくまとめていて、バナナペッパーの酸味と辛さがアクセントに効いています。サイドに頼んだHouse Fries は、カリっと揚げたフライドポテトに香菜を使ったソースをかけたもので、レモンやニンニク、それに香菜の香りが食欲を掻き立てて、食べる手がとまりませんでした。ただしソースのかかっているポテトの部分がどうしてもしんなりとしてしまうので、カリカリ感を損ないたくない方はソースをサイドで頼むと良いかもしれません。

<Sujuk Manakeesh>
ベーカリーセクションに置いてある中東風ピザからは、Sujuk(スパイスの効いたレバノンの牛肉ソーセージ)がのったものを選びました。注文するとチーズを足して石窯で焼いてくれるので熱々の焼きたてを食べられます。ピザ生地は薄くてパリパリなのにとてもチューイーで、ソーセージの辛みがパンチを効かせています。ちなみにピザは一枚ホール単位での販売になり、スライスではオーダーできませんが、丸々一枚でも一人でペロリといけそうな美味しさです。

<Cheese Fatayer/Beef Fatayer/Spinach Fatayer>
レバノンなどの中東諸国でよく食べられているというファタイヤは、メッゼでは欠かせないパンの1つです。チーズファタイヤは中にフェタチーズやマッオレラチーズが入っていて、もっちりとしたパン生地は素朴で優しい味わいがあります。スパイスと一緒に炒めた牛肉と玉ねぎが中に入っているビーフ・ファタイヤは、パンにお肉のウマミがじっくりとしみ込んでいます。スパイスの加減も丁度よく、なかなか美味しい総菜パンに仕上がっています。ほうれん草と玉ねぎの入ったファタイヤは、ほんのりとレモンの酸味を感じます。シンプルですが素材の味わいが引き立っていて、日本人の口にも合いそうです。


お店のスタッフもとてもフレンドリーで、料理の説明を丁寧にしてくれたり試食をさせてくれたりとオーダーのサポートもしっかりとしてくれるので、あまり知識のない中東料理でも安心してトライすることができました。また、メッゼやディップソースなどのアイテムは全て手作りで、新鮮な食材を使ったフレッシュ感溢れるものばかりなのも高ポイントです。ちなみにメッゼだけを何品か購入することも出来ますし、便利なケータリングのサービスもしていますので、パーティの前菜などに利用してみても面白いかもしれません。

(03/02/2020)


HOUR:

季節によって変わるのでウェブサイトでご確認ください。
お勧めのシチュエーション:
ファミリー、軽いデート、ランチ、テイクアウト
服装:
カジュアル
お値段:
$$$$
(¢=$10以下、$=$10~$20、$$=$20〜$30、$$$=$30〜45、$$$$=$45+(ドリンク含まず))


 
     
Copyright: 2001-Present:SUMUTOKO.COM.
All rights reserved. email: info@sumutoko.com
当サイトに関するお問い合わせはシステム統括部webmaster@sumutoko.comまでお願いします。
このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。著作権は『住むトコ.COM』またはその情報提供者に帰属します。
No reproduction, distribution, or transmission of the copyrighted materials at this site is permitted without the written permission of SUMUTOKO.COM., unless otherwise specified. Using this site means you agree to our Terms of Use and Privacy Policy.