シカゴについて 住宅情報 各種手続き 食べる 遊ぶ 買い物 医療・妊娠 観光・旅行 仲間・グループ 学校・お稽古 働く 電話帳 フリマ・掲示板 イベント・カレンダー ぷれ〜り〜バックナンバー
賃貸住宅情報 レストランガイド 日本料理店情報 同窓会 同好会・クラブ 写真ギャラリー 習い事 ゴルフ 旅行代理店お勧めパッケージ 郊外の見所 ベーカリー チョコレート屋さん 試してみよう
住むトコ特別企画 『住むトコ.COM』 | シカゴ版ホーム | 連絡先 |
住むトコ内検索
電話帳
医者・病院
歯医者
保険
弁護士
不動産会社
銀行・投資
人材派遣
会計事務所
引越し/運送
クルマ
商工不動産
翻訳・通訳
広告・印刷
宅配
旅行代理店
航空会社
レンタカー
ホテル
ツアコン
食料品店
日本料理
レストラン
ベーカリー・クレープ
ショップ
書店/音楽
美容院
ビデオ屋
カラオケ
コンピューター・ネットワーク
新聞
ゴルフ場
英会話・ESL
習い事
同窓会・同好会
協会
試してみよう!
   
サイト内検索
生活を開始する為の手続き
観光
医療・病院
エンターテイメント
学校
ショッピング
レストラン
   
賃貸物件リスト
求人情報
フリマ
掲示板
ぷれ〜り〜・バックナンバー
カレンダー
リンク
     
 

試してみよう:

リンゴ編

一年を通して様々なフルーツが食べられる昨今ですが、これからのシーズンは、リンゴの美味しい季節と成って来ます。スーパーのフルーツ売り場で種類が一番豊富、メインポジションを陣取っていると言って過言でないのが今回試してみたリンゴ。初めて聞いた名前、名前はしっているけれど食べた事が無い、いつも買っている品種などのリンゴを6種類試食してみました。さてどれが一位に輝いたのでしょうか?

 

  ブランド
感想
値段
ポイント
1
PINK LADY
皮の色が鮮やかで美味しそう。日本のリンゴに似ていて美味しい。
$1.99/LB

8.8
2
FUJI

リンゴの風味が良く歯応えがあり甘くて美味しいしっかりした味。
$1.99/LB
7.2
3

SWEET GALA

歯の弱い方でも美味しく食べられそう。程好い甘みがする。
$2.29/LB
6.8
4
GOLD DELICIOUSE
甘みと酸味のバランスが丁度良いが味に深みが足りない。
$1.59/LB
6.52
5
BRAEBURN
味にパンチが無い。薄い味でさっぱりしている。
$1.99/LB
5.92
6
GRANNY SMITH
最高に酸っぱい!このまま食べるのには抵抗がある。
$1.99/LB
2.8

総評:

第一位は名前からしてキュートで甘いイメージのするPINK LADYが輝きました!甘い魅惑の匂いを漂わせ、皮の色付きは綺麗で可愛い濃い目のピンク。果肉は固めでシャキシャキ歯ごたえがしっかりしています。甘さが程よく、それを引き立てるかの如く酸味もしっかりあり、バランスが取れている味でとっても美味しかったです。お菓子などに皮付きで使うと、皮の部分が一層濃く鮮やかなピンク色に染まり、食べるのが勿体無くなりそうです。こちらのリンゴは商品登録されているので、栽培するにあたり生産元と契約を結んだり、会員になったりしてやっと栽培が出来ると言う徹底振り。それだけ大切に扱われているPINK LADYはまさに箱入り娘なのです! 

そして第二位は皆さんご存知のFUJI。外見は一番どっしり、でっぷりしていて、一番芳香を放っているのがこのリンゴなので、食をそそられそうです。実の色が一番オレンジで水分豊富ですが、決して水っぽくは無く、甘酸適和で美味しく食べられます。日持ちもするので常備出来そうです。歯ごたえが良く、味も安定した甘さで美味しく、正に日本のリンゴと言えます。一番美味しく食べられるのが晩秋以降なのでこれから更に美味しくなる期待が持てます。 

アメリカで有名なSWEET GALAが第三位。皮には独特の模様が入り、甘い香りが感じられます。今回食べたリンゴは果肉が柔らかく、人によってはパサパサに感じるかもしれませんでしたが、本来なら歯応えがあり、かつ滑らかできめ細かい果肉が主流だそうです。風味が良く、さっぱりとした程よい甘さで子供達がそのまま食べるのには適しているのでおやつに丁度良さそうです。

第四位は黄色いリンゴのGOLD DELICIOUSE。栽培過程で実に袋を被せて育てないと皮に斑点、さびが付いたり、押し傷などが出来易い繊細な品種なのです。歯応えがあり、果肉は緻密で食べ応えがあります。味の方では甘みも酸味も程よく備わり食べ易いが、もう少し味に深みが欲しい所でしょうか。 

あまり知られていない名前のBRAEBURNが第五位。サイズ大きめでどっしりサイズのこちらのリンゴ、果肉は黄緑色をしていて、印象は酸っぱそうな気がしました。実際のお味の方は温和な甘さで酸味が物足りないぼやけた味になっていて、後味には少し苦味が残り食感も中途半端とそのまま食べるのでは無く、料理に使う方が良さそうとの意見でした。

さて、最後第五位は満場一致でGRANNY SMITHとなってしまいました。外見はワックスを使って無さそうなのに艶々でピカピカ。こちらのリンゴは青リンゴで晩生種、一口かじると全員で「スッパーイ!」と絶叫したくなる程の強い酸味が口の中に広がります。思わず口をすぼめ、渋い顔に成ってしまう程でした。生食用では無く、アップルパイなどの料理など、加工して食す方が美味しく頂けそうです。

今回の試してみよう如何でしたか?これらを参考にし、シカゴ郊外であちらこちらにあるアップルピッキングに挑戦してみませんか?お好みのブランドを見つけ、甘くてジューシーなシャキシャキした美味しいリンゴを見つけてくださいね。因みに美味しいリンゴの見分け方は、色が濃くしっかり付いた物、尻の部分がどっしりし、黄色い物、重量感があり硬い物を選んで下さい。そして皮がツルツル光っているのは果肉の甘みが皮に出ている事が多く、その為酸っぱくなるそうです。えっ?まさに今回の結果そのものではないですか!知らなかった〜。
 
     
Copyright: 2001-Present:SUMUTOKO.COM.
All rights reserved. Mail: info@sumutoko.com
当サイトに関するお問い合わせはシステム統括部webmaster@sumutoko.comまでお願いします。
このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。著作権は『住むトコ.COM』またはその情報提供者に帰属します。
No reproduction, distribution, or transmission of the copyrighted materials at this site is permitted without the written permission of SUMUTOKO.COM., unless otherwise specified. Using this site means you agree to our Terms of Use and Privacy Policy.