シカゴについて 住宅情報 各種手続き 食べる 遊ぶ 買い物 医療・妊娠 観光・旅行 仲間・グループ 学校・お稽古 働く 電話帳 フリマ・掲示板 イベント・カレンダー ぷれ〜り〜バックナンバー
求人情報 賃貸住宅情報 レストランガイド 日本料理店情報 同窓会 同好会・クラブ 習い事 ゴルフ 旅行代理店お勧めパッケージ 郊外の見所 ベーカリー チョコレート屋さん 試してみよう
ぷれ〜り〜バックナンバー』のホーム 『住むトコ.COM』 | シカゴ版ホーム | 連絡先 |
住むトコ内検索
電話帳
医者・病院
歯医者
保険
弁護士
不動産会社
銀行・投資
人材派遣
会計事務所
引越し/運送
クルマ
商工不動産
翻訳・通訳
広告・印刷
宅配
旅行代理店
航空会社
レンタカー
ホテル
ツアコン
食料品店
日本料理
レストラン
ベーカリー・クレープ
ショップ
書店/音楽
美容院
ビデオ屋
カラオケ
コンピューター・ネットワーク
新聞
ゴルフ場
英会話・ESL
習い事
同窓会・同好会
協会
巻頭特集
チョッといいトコ
試してみよう!
健康911番
スタイリングTIPS
なんでもイミグレ相談所
知っ得 なっとく 行っとく?
ホクのほくほく情報
Miko's Kitchen
トラベルFAN+FUN
ぷれスポ
その他
   
サイト内検索
生活を開始する為の手続き
観光
医療・病院
エンターテイメント
学校
ショッピング
レストラン
   
賃貸物件リスト
求人情報
フリマ
掲示板
ぷれ〜り〜・バックナンバー
カレンダー
リンク
     
  巻頭特集
シカゴのエンターテイメント雑誌としてお馴染みのぷれ〜り〜誌を発行しいるMGAのご好意で住むトコ.COMにぷれ〜り〜誌のバックナンバーを掲載させて頂く事になりました。
2003年12月鍋&日本酒特集その1

シカゴの長い冬。それを楽しいものに変えてくれるのはやっぱり鍋。そして鍋といえば日本酒。今回は鴨鍋、寄せ鍋、鱈ちり鍋、牡蠣の土手鍋にしゃぶしゃぶなどシカゴのお鍋を一挙に特集!おまけにミツワで買える日本酒の飲み比べまでやっちゃいました!

桜マンプロの寄せ鍋
平野の鴨鍋
車屋の牡蠣土手鍋
一統寿司のちり鍋
桜ウッドフィールドのしゃぶしゃぶ
シカゴエリア・鍋全集
日本酒テイスティング

シカゴには美味しい鍋を食べさせる店が意外と沢山あります。しかも殆どの店が一人前から出してくれるというサービスぶり。折角の冬です。お鍋とお酒を堪能しましょ!

とにかく具が凄い桜(マンプロ)の寄せ鍋。

桜のオーナーシェフ大槻さんに鍋の作り方を教わった
見よ!この豪華な具を!まぐろやアサリまで入っている
いやあ〜美味しそ〜!やはり冬は鍋に限るね〜

この時期寄せ鍋をやっているお店は多いけど、桜(マンプロ店)の寄せ鍋($19.95)ほど超豪華な具がたっぷり入っているところも珍しいだろう。勿論その日手に入る素材によって多少内容は変わるそうだが、取材班が訪れた時は、鶏肉、白菜、しいたけ、たけのこ、糸こん、豆腐、ホタテ、サーモン、海老、イカ、蟹、赤貝、まぐろ、鯛、あさり、マツタケ、焼きアナゴ、玉子焼きと、そして鴨まで!というゴージャスな具がお皿に大盛りに詰みあげられて登場した。更にこれにみつばが入るときもあればいわしのつみれを入れる事もあるそうだ。しかも単に素材の種類が多いというだけでなく、お魚などはお刺身でも食べることのできる良い素材を使っているというから驚いてしまう。

オーダーをして材料が出てきたら、自分で具を入れていく事になるのだが、鍋奉行のお友達がいないという素人さんの為に、オーナーシェフの大槻さんに美味しいお鍋作りのコツを教えてもらった。

まずダシになるものを先に入れる事。特に最初は生では食べられないものや煮えにくいものを入れる。

次に生でも食べることのできるものを入れていく、というのが基本。

上記の食材で言うと、鶏肉から豆腐までを一気に入れ、その後でホタテからアサリを順番に足していく。最後に松茸以降を入れるのだが、鴨はあまり煮込みすぎないように、食べようと思った時に入れ、まだ柔らかいうちに食べるのがコツ。またこの他にもウオータークレスト(水菜の一種)は本当に最後に入れて、火が通りきる前のちょっとシャキシャキの状態で食べるのが最高。

勿論どの具もとっても美味しいのだが、中でも鴨は温かくなって火が完全に通ったか通らないかくらいで食べると本当に口の中でとろけてしまいそうに柔らかい。大槻さんの寄せ鍋のだしはオーソドックスにコブと鰹節でとってある。お鍋の種類によってはコブだしのみの場合もあるそうだ。お鍋のだしが足りなくなったら、遠慮なく追加してもらおう。

いろいろな野菜や魚介類の味が入り混じって、だんだんウマミがでてくると、当然お待ちかねの「シメ」の時間だ。桜ではこの煮汁を使って『うどん』か『雑炊』が選べるが、取材班が選んだのは『うどん』。煮汁に三つ葉とゆずを入れてもらったお陰で香りも更に豊かになって幸せ〜な気分!確かに家でもお鍋は出来るけど、よほどの人数が揃わないとこんなに豪華な具が沢山でバラエティー豊かなお鍋は出来ない。しかも『お鍋』を楽しんだ後に、『うどん』でもにっこり。二度幸せを味わえるなんて日本人に生まれてきて本当にラッキ〜。大槻さんによると桜さんでは3日前までに予約をしておけば牡蠣(かき)の土手鍋、アンコウ鍋、鴨鍋など寄せ鍋以外のお鍋も作ってくれるそうだ。クリスマスや忘年会のシーズンに欠かせない鍋。ぜひ如何ですか?

日本やカリフォルニアからわざわざ食べに来る人もいるという平野の鴨鍋。

この厚さに注目〜!舌の上でトロケマス
これで一人前!分厚い鴨肉がたっぷり入っています
煮込まれてくると鴨の良い匂いが立ち込めます

この企画の担当になる前から噂には聞いていた平野の鴨鍋($22.95)。平野というとどうしても天ぷらが美味しいので、いつも天ぷらや茶碗蒸しを食べてしまうのだが、平野の鴨鍋は知る人ぞ知る有名な料理で、ファンは日本や州外にもいるそうだ。

まずカセットコンロに火がつくと平野さん自慢のだしの入った鍋が出てくる。ちゃんと花鰹と昆布でとっただしにはミリンが少し入っている。まだ具の入る前に少し味見をさせてもらったが、スッキリしてしつこさが全くない。そうこうしているうちに女将さんが具を運んで来て下さったのだが、それを見てとにかくビックリ!鴨肉がスゴい分厚さなのだ。1センチはありそうな鴨肉はロングアイランドから柔らかいムネ肉だけを取り寄せているそうで、平野ではこの他にも特別に仕入れているインディアナの高級鴨肉を使う事もあるそうだ。

女将さんがまず豆腐からだしに入れていく。次にほうれん草を白菜で巻いたもの、タケノコ、ささがきゴボウ、長ネギ、糸こんにゃく、シメジ(日によってはエノキの時も)が入る。そして次にお待ちかねの鴨肉が入ったところで一旦蓋を閉める。ちょっと待って、蓋を開け、鴨肉をひっくり返したところに水菜をどっさり入れてまた蓋を閉じると、もうそこいら辺り鴨の素晴らしい芳香が立ち込め、周りの外人のお客さんにも羨望の視線を浴びる。そしてとうとう蓋が開き、ジャジャ〜ン!READY TO EAT!女将さんのよそってくれた鴨肉を口に運ぶと、その柔らかなお肉は舌の上でとろけるかのよう。実は著者は鴨肉特有のクサミが苦手だったのだが、ここの鴨肉は分厚いのに全く臭みがないので、他の人たちよりも勢い良くパク付いてしまい、白い目で見られたほど(笑)。他の食材もあっさりしているのだが、鴨から出る程よい油のお陰でコクがある。特にささがきゴボウと鴨の相性は感動的。これは他州から遠路はるばるこの鴨鍋を食べに来る人がいるというのも納得。お鍋の後は雑炊にするかうどんを入れるかを選べるのだが、うどんを選ぶとオモチが付いてくる。この鴨鍋はディナーだけだが、冬だけでなく一年を通して食べられるそうだ。また、鴨鍋の他にも平野では海鮮のだしが美味しい寄せ鍋($24.95)も冬季限定で行っている。こちらもアマダイや海老などかなり豪華な素材を使っている。

この寿司ブームにあえてお寿司をやらない平野さん。それについて伺うと「私は寿司職人ではないですから、自信を持ってお出しできるもの以外は出せないんですよ」とニッコリ。鴨鍋はそんな平野さんが自信を持って出せる一品というわけだ。

 

 
     
Copyright: 2001-Present:SUMUTOKO.COM.
All rights reserved. email: info@sumutoko.com
当サイトに関するお問い合わせはシステム統括部webmaster@sumutoko.comまでお願いします。
このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。著作権は『住むトコ.COM』またはその情報提供者に帰属します。
No reproduction, distribution, or transmission of the copyrighted materials at this site is permitted without the written permission of SUMUTOKO.COM., unless otherwise specified. Using this site means you agree to our Terms of Use and Privacy Policy.