シカゴについて 住宅情報 各種手続き 食べる 遊ぶ 買い物 医療・妊娠 観光・旅行 仲間・グループ 学校・お稽古 働く 電話帳 フリマ・掲示板 イベント・カレンダー ぷれ〜り〜バックナンバー
求人情報 賃貸住宅情報 レストランガイド 日本料理店情報 同窓会 同好会・クラブ 習い事 ゴルフ 旅行代理店お勧めパッケージ 郊外の見所 ベーカリー チョコレート屋さん 試してみよう
ぷれ〜り〜バックナンバー』のホーム 『住むトコ.COM』 | シカゴ版ホーム | 連絡先 |
住むトコ内検索
電話帳
医者・病院
歯医者
保険
弁護士
不動産会社
銀行・投資
人材派遣
会計事務所
引越し/運送
クルマ
商工不動産
翻訳・通訳
広告・印刷
宅配
旅行代理店
航空会社
レンタカー
ホテル
ツアコン
食料品店
日本料理
レストラン
ベーカリー・クレープ
ショップ
書店/音楽
美容院
ビデオ屋
カラオケ
コンピューター・ネットワーク
新聞
ゴルフ場
英会話・ESL
習い事
同窓会・同好会
協会
巻頭特集
チョッといいトコ
試してみよう!
健康911番
スタイリングTIPS
なんでもイミグレ相談所
知っ得 なっとく 行っとく?
ホクのほくほく情報
Miko's Kitchen
トラベルFAN+FUN
ぷれスポ
その他
   
サイト内検索
生活を開始する為の手続き
観光
医療・病院
エンターテイメント
学校
ショッピング
レストラン
   
賃貸物件リスト
求人情報
フリマ
掲示板
ぷれ〜り〜・バックナンバー
カレンダー
リンク
     
  Miko's Kitchen日本人にもアメリカ人にもウケる料理教えちゃいます

時短!? 手抜き!? いいんです、美味しければ!!
カスタードクリームのミルフィーユ 8/2017



ケーキは分量を間違えたらダメという事をよく聞きますが、そんなことはありません。同じケーキでも100人のシェフがいたら、100通りのレシピがあります。基本素材さえあれば、足し算引き算で新しい味を見つけるのは、楽しいものです。今回はカスタードクリームのミルフィーユ。カスタードに粉ゼラチンを混ぜたので、ババロアほどの固さではありませんが、形を崩さずに層にできます。お好みで季節のフルーツを添えてください。

材料 (直径4インチ、3枚重ねのミルフィーユ6個分)
表示:(C)=カップ、(Tbs)= テーブルスプーン、 (tsp)=ティースプーン、(oz)=28g

<カスタード 3C分>

  • 砂糖 1/2C
  • コーンスターチ 1/3C
  • 卵黄(Lサイズの卵) 4個分
  • ハーフ&ハーフ牛乳  3C
  • ゼラチン 1袋(7g)
  • バニラエッセンス 1Tbs
  • バター 1Tbs
  • 塩 ひとつまみ

<ミルフィーユ>

  • Puff Pastry Sheets1箱(Pepperidge Farm社のシート2枚分が入っているもの。冷凍食品にあります)
  • 小麦粉 3Tbs
  • 砂糖 3Tbs(焼く直前にペイストリーの上に振りかける。オプション)

<飾り>

  • 季節のフルーツ
  • 粉砂糖
作り方
1.

カスタードを作る。小さい容器に少量(2Tbs位)のハーフ&ハーフ牛乳を入れて、ゼラチンを溶かし、ふやかしておく。鍋を2つ用意して、一つの鍋に水を半分ほど(分量外)入れて沸騰させる。もう一つの鍋に、残りのハーフ&ハーフ牛乳を入れて、沸騰直前まで温める。

   
2.

ステンレスのボウルに砂糖とコーンスターチを合わせて入れ、泡立て器でコーンスターチのダマがなくなるようによく混ぜておく。そこに卵黄を加えて、淡いレモンイエロー色になる迄、泡立て器で空気を含ませるように、よくかき混ぜる。よくかき混ぜたら、沸騰直前の牛乳を少量(1/4カップ程度)加えて、泡立て器でよく混ぜる。ここで一気に熱い牛乳を入れてしまうと、卵が固まってしまうので、最初は少量入れてよく混ざったら、あとは2、3回に分けて牛乳を全部入れる。卵黄のダマができないように、よく泡立て器で混ぜる。

   
3.

Aのボウルを@の沸騰している鍋の上にのせ、蒸気でボウルの底を温めるようにしてカスタードクリームを作る。この時、火が強すぎると蒸気も強く、カスタードが滑らかにならないので、火はごく弱火にする。ゴムベラでボウルの内側を底からよく混ぜる。とろりとしてきたら、ゼラチンを加えてよく溶かし、ゼラチンが溶けたらボウルを蒸気から降ろして、バター、バニラエッセンスを加えてよく混ぜる。出来上がったばかりのカスタードクリームの上に直接、プラスチックラップをのせて空気に触れないようにする。空気に触れるとカスタードに膜が出来てしまうのを防ぐため。そして、ボウルを冷蔵庫で保存する。

   
4.

ミルフィーユを作る。パフペイストリーを取り出し、生地を伸ばす台の上とペイストリーに少し小麦粉を振りかけてから麺棒で1.5倍ほどに生地を広げる。小麦粉がちゃんと振りかけてないと、ペイストリー生地が台や棒にくっついて広がらないので注意。

   
5.

4インチの丸型の型抜きで、ペイストリー生地1枚につき9個ほど型抜く。型抜いた生地は、余分な小麦粉をはたいてから、パーチメント紙をのせた天板の上にのせる。生地の上に好みで砂糖を振りかけて、350度Fのオーブン(ベイク設定)で、12〜15分、黄金色に成るまで焼く。焼けたらオーブンから取り出して完全に冷ます。

   
6.

カスタードクリームを絞り袋に入れて、ペイストリーの1枚の上に大さじ2〜3ほどのクリームを絞り出し、その上にまたペイストリー、カスタード、ペイストリーと重ねていく。一番上に、飾り用に少量のカスタードを絞ってから季節のフルーツをのせる。粉砂糖を振りかけて出来上がり。


                     (みこしばひさえ)


 
     
Copyright: 2001-Present:SUMUTOKO.COM.
All rights reserved. email: info@sumutoko.com
当サイトに関するお問い合わせはシステム統括部webmaster@sumutoko.comまでお願いします。
このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。著作権は『住むトコ.COM』またはその情報提供者に帰属します。
No reproduction, distribution, or transmission of the copyrighted materials at this site is permitted without the written permission of SUMUTOKO.COM., unless otherwise specified. Using this site means you agree to our Terms of Use and Privacy Policy.