シカゴについて 住宅情報 各種手続き 食べる 遊ぶ 買い物 医療・妊娠 観光・旅行 仲間・グループ 学校・お稽古 働く 電話帳 フリマ・掲示板 イベント・カレンダー ぷれ〜り〜バックナンバー
求人情報 賃貸住宅情報 レストランガイド 日本料理店情報 同窓会 同好会・クラブ 習い事 ゴルフ 旅行代理店お勧めパッケージ 郊外の見所 ベーカリー チョコレート屋さん 試してみよう
ぷれ〜り〜バックナンバー』のホーム 『住むトコ.COM』 | シカゴ版ホーム | 連絡先 |
住むトコ内検索
電話帳
医者・病院
歯医者
保険
弁護士
不動産会社
銀行・投資
人材派遣
会計事務所
引越し/運送
クルマ
商工不動産
翻訳・通訳
広告・印刷
宅配
旅行代理店
航空会社
レンタカー
ホテル
ツアコン
食料品店
日本料理
レストラン
ベーカリー・クレープ
ショップ
書店/音楽
美容院
ビデオ屋
カラオケ
コンピューター・ネットワーク
新聞
ゴルフ場
英会話・ESL
習い事
同窓会・同好会
協会
巻頭特集
チョッといいトコ
試してみよう!
健康911番
スタイリングTIPS
なんでもイミグレ相談所
知っ得 なっとく 行っとく?
ホクのほくほく情報
Miko's Kitchen
トラベルFAN+FUN
ぷれスポ
その他
   
サイト内検索
生活を開始する為の手続き
観光
医療・病院
エンターテイメント
学校
ショッピング
レストラン
   
賃貸物件リスト
求人情報
フリマ
掲示板
ぷれ〜り〜・バックナンバー
カレンダー
リンク
     
  Miko's Kitchen日本人にもアメリカ人にもウケる料理教えちゃいます

野菜嫌いの子も納得の一品!!
イタリアンソーセージと野菜のフィロー包み
 11/2016


フィローは紙のように薄い小麦製の生地です。これを何層も重ねて使うのですが、層の間には、オイルかバターを薄く塗るので、パリパリとした軽い食感を楽しみます。今回は、イタリアンソーセージとたくさんの野菜を包み込んで、野菜嫌いの子供も大好きな一品を作りました。

材料表示:(C)カップ、(Tbs)テーブルスプーン、(oz)オンス=約28g、(lb)パウンド=約450g
(約4人前)


材料:

  • フィロー(Fillo Dough) 1包 (大抵、スーパーの冷凍食品、冷凍パイなどを売っているコーナーに置いてあります。私は、Athens社のものを使いました。1箱に2包入っています。大きさは、9X14インチです)
  • イタリアンソーセージ 1lb (牛ひき肉のような感じで、腸詰になっていないもの)
  • 新鮮なグリーンビーンズ 8oz
  • 黄色のスクウォッシュ 8oz (黄色をした、ズッキーニによく似た野菜。中1本分。洗って、皮ごと細かい千切りにする)
  • 人参 8oz(約中2本分。洗って皮を剥いてから細かい千切り)
  • 無塩バター 1 1/2C (約1本半)
  • 卵1個 (Lサイズ)
  • 塩、胡椒
  • パセリ、トマトなどの野菜(飾り用)

<ソース>

  • 玉ねぎ中1個 (みじん切り)
  • にんにく 1粒 (みじん切り)
  • オイル 1Tbs
  • ビーフブロス 2C
  • 塩、胡椒
作り方
1.

中火の火力にして、油をひかず、フライパンでイタリアンソーセージを完全に炒める。炒め終わったら、容器に移して、完全に冷めるまで置いておく。同様のフライパンと火力で、今度はバターを1Tbsほど溶かしたら、グリーンビーンズを軽く火が通るまで炒める。塩、胡椒で軽く味付けしておく。スクウォッシュ、人参も同じように、少量のバター、塩、胡椒で味付けして半分ほど火を通しておく。それぞれ、別の容器に乗せて冷ます。

   
2.

1の材料が全て冷めたら、イタリアンソーセージに卵を混ぜてよくかき混ぜておく。

   
3.

フィローを用意する。フィローは乾燥しやすいので、扱っている時は、使っていないフィローは絞った濡れタオルで乾燥を防ぐ。残りのバターを溶かして、1枚のフィロー全体にハケでバターを軽く塗り、次のフィローをのせて、またバターを薄く塗りを繰り返して、フィローを7枚重ねにする。できるだけ破かないように。そーっと丁寧に。

   
4.

7枚重ねたフィローの上に、半分量(8oz)の炒めたソーセージを1本の線を描くように細長く乗せていく。その上に、半分量のグリーンビーンズ、スクウォッシュ、人参を均等に重ねていく。そして、隙間ができないように、フィローを巻き寿司のように巻いていく。感じ的には、ご飯のない巻き寿司みたいな感じ。これ1本で、2人分なので、もう1本作る。表面にバターを薄く塗ることを忘れずに。バター(やオイル)を塗らないと、バサバサして紙を食べているような食感になってしまいます。

   
5 .

フィローが2本分できたら、パーチメント紙を敷いたシートパンにのせる。フィロー巻きの余分な端を切ってから、2等分にする。切り方はそれぞれだけど、斜めに切ると切り口が大きく開いて、見た目も綺麗。ベイク(Bake)設定、350度Fのオーブンで、1時間焼く。すでに中身は予め火が通っているので、フィローに良い焼き色がつけばできあがり。

   
6 .

フィローを焼いている間にソースを作る。中火のフライパンにオイル、タマネギ、ニンニクを入れて、タマネギがカラメル色になるまで、じっくり炒める。途中、火を弱めたりして、タマネギを焦がさないように。カラメル色になったら、ビーフブロスを加えて、半分ほどになるまで煮詰めてソースを作る。塩胡椒で味付けして、タマネギとニンニクを取り除く。これでソースはできあがり。

   
7 .

皿にソースを敷いて(または容器に入れてディッピングとしてもよし)、その上にフィロー包みをのせて、パセリや飾りようの野菜をのせてできあがり。


                     (みこしばひさえ)


 
     
Copyright: 2001-Present:SUMUTOKO.COM.
All rights reserved. email: info@sumutoko.com
当サイトに関するお問い合わせはシステム統括部webmaster@sumutoko.comまでお願いします。
このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。著作権は『住むトコ.COM』またはその情報提供者に帰属します。
No reproduction, distribution, or transmission of the copyrighted materials at this site is permitted without the written permission of SUMUTOKO.COM., unless otherwise specified. Using this site means you agree to our Terms of Use and Privacy Policy.