シカゴについて 住宅情報 各種手続き 食べる 遊ぶ 買い物 医療・妊娠 観光・旅行 仲間・グループ 学校・お稽古 働く 電話帳 フリマ・掲示板 イベント・カレンダー ぷれ〜り〜バックナンバー
賃貸住宅情報 レストランガイド 日本料理店情報 同窓会 同好会・クラブ 写真ギャラリー 習い事 ゴルフ 旅行代理店お勧めパッケージ 郊外の見所 ベーカリー チョコレート屋さん 試してみよう
『シカゴで遊ぶ』のホーム 『住むトコ.COM』 | シカゴ版ホーム | 連絡先 |
住むトコ内検索
電話帳
医者・病院
歯医者
保険
弁護士
不動産会社
銀行・投資
人材派遣
会計事務所
引越し/運送
クルマ
商工不動産
翻訳・通訳
広告・印刷
宅配
旅行代理店
航空会社
レンタカー
ホテル
ツアコン
食料品店
日本料理
レストラン
ベーカリー・クレープ
ショップ
書店/音楽
美容院
ビデオ屋
カラオケ
コンピューター・ネットワーク
新聞
ゴルフ場
英会話・ESL
習い事
同窓会・同好会
協会
ゴルフ
スキー
テニス
キャンプ
釣り
競馬・競犬
ドライブ
カラオケ
ナイトライフ
スポーツ観戦
チケット購入法
ジャズ
ブルース
ロック
クラシック
オペラ
ミュージカル
日本人ミュージシャン
ビリヤード
アイススケート
映画
ビーチ
プール
スパ・エステ・サウナ
リンゴ狩り
ディスク・ゴルフ
祝日の過ごし方
   
サイト内検索
生活を開始する為の手続き
観光
医療・病院
エンターテイメント
学校
ショッピング
レストラン
   
賃貸物件リスト
求人情報
フリマ
掲示板
ぷれ〜り〜・バックナンバー
カレンダー
リンク
     
 

シカゴで遊ぶ:ジャズ・ブルースバー:Jazz Showcase

ブルース ジャズ イベント
ダウンタウン 郊外 ダウンタウン 郊外 ジャズ ブルース
Jazz Showcase
シカゴのジャズの老舗といったらJazz Showcaseです。1947年以来ずっと上質のジャズを提供し続けているJazz Showcaseです。立地もダウンタウンの真ん中にあるので、とても便利です。セッションは2回。9時からのものと10時半からのもの。9時からのを見て、空いていればそのまま次のステージも見られます。

ここのジャズは、アシッド・ジャズのようなコンテンポラリーなものというよりも、ベーシックなジャズが多いです。いわゆるピアノ、ベース、ドラムで構成するトリオのバンドが多く、じっくりとジャズの面白さを聴くことができます。ここのステージに出ることはなかなか難しいらしく、そのためか、カバーチャージの20ドルを高いとは感じさせない実力のあるバンドばかりです。

食事のメニューはありません。ただ、提携しているMaggiano’s Little Italyのディナーパックがカバーチャージ込みで43ドルであります。これは、Maggiano’s Little Italyで食事をとると、Jazz Showcaseの席をとっておいてくれるというものです。飲み食いしながら仲間と一緒におしゃべりを楽しみつつ、ジャズを聴くという感じではありません。あくまで主役はジャズです。どこかで腹ごなしをしてから、軽いお酒と上質のジャズを楽しみましょう。

 
住所: 59W.Grand Ave.Chicago,IL 60610
地図: 地図
電話番号: 312-670-2473
WEBSITE: http://www.jazzshowcase.com
営業時間:

ショータイム:
水〜木:8:00PM & 10:00PM  
金〜土:9:00PM & 11:00PM 
日  :4:00PM , 8:00PM & 10:00PM

定休日: 月曜日、火曜日
カバーチャージの有無 $20〜$25
パーキング状況: 路上駐車 ある
バレー ある
お客さんの服装: カジュアル(ジーンズやスニーカー)
セミカジュアル(ジャケット着用)
ビジネスカジュアル(ネクタイ着用)
フォーマル ×
感想: シカゴでジャズを聴くなら絶対外せないJazz Showcaseです。行って来ました。今日は、Cedar Waltonのトリオのプレーです。

ホールはそれほど狭くもなく、広くもなくといったところでしょうか。ただ、縦に長いので、良い席をとるには少し早めに行くのが良いでしょう。Green Dolphinと比べると、オーディエンスはカジュアルです。ドレスアップをしている人もあまり見かけません。ジャケットを着ている人もあまりいないです。ただ、いつ訪れてもここは、プレイヤーに対するレスペクトは高く、おしゃべりをしている人はあまりいません。服装はカジュアルなんだけど、雰囲気はちょっと固いという感じです。もちろん、Green Dolphinのように演奏にあわせて踊っている人は誰もいません。

今日は、ピアノ、ベース、ドラムのシンプルなCedar Waltonのトリオでした。演奏の質はとても高く、上質のジャズを聴くことができました。特に良かったのがベース(Cedar Waltonはピアニストなのですが)。彼の指の長いこと長いこと。指が手の甲の長さの2倍近くあるのじゃないかぐらい長いのです。その長さを生かしてか、ベースのソロはとても良かったです。

ステージと客席も近く臨場感もバッチリです。ただ、店内にはいくつか大きな柱があります。その柱の影に隠れないような席をとるためにも早めに行きましょう。

シカゴにはたくさんのジャズバーがあります。雰囲気の良いところ、カバーチャージが安いところ、料理を食べながらジャズを楽しめるところなどなど。ただ、その中でもJazz Showcaseは“ジャズを聴き”に通いたくなるようなところです。シカゴで一番上質のジャズが聴けること間違いなしです。ここには何度も来ていますが、Jazz Showcaseのジャズに一切はずれはありません。
 
     
Copyright:2001-Present:SUMUTOKO.COM.
All rights reserved. mail: info@sumutoko.com
当サイトに関するお問い合わせはシステム統括部webmaster@sumutoko.comまでお願いします。
このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。著作権は『住むトコ.COM』またはその情報提供者に帰属します。
No reproduction, distribution, or transmission of the copyrighted materials at this site is permitted without the written permission of SUMUTOKO.COM., unless otherwise specified. Using this site means you agree to our Terms of Use and Privacy Policy.