シカゴについて 住宅情報 各種手続き 食べる 遊ぶ 買い物 医療・妊娠 観光・旅行 仲間・グループ 学校・お稽古 働く 電話帳 フリマ・掲示板 イベント・カレンダー ぷれ〜り〜バックナンバー
賃貸住宅情報 レストランガイド 日本料理店情報 同窓会 同好会・クラブ 写真ギャラリー 習い事 ゴルフ 旅行代理店お勧めパッケージ 郊外の見所 ベーカリー チョコレート屋さん 試してみよう
『シカゴで遊ぶ』のホーム 『住むトコ.COM』 | シカゴ版ホーム | 連絡先 |
住むトコ内検索
電話帳
医者・病院
歯医者
保険
弁護士
不動産会社
銀行・投資
人材派遣
会計事務所
引越し/運送
クルマ
商工不動産
翻訳・通訳
広告・印刷
宅配
旅行代理店
航空会社
レンタカー
ホテル
ツアコン
食料品店
日本料理
レストラン
ベーカリー・クレープ
ショップ
書店/音楽
美容院
ビデオ屋
カラオケ
コンピューター・ネットワーク
新聞
ゴルフ場
英会話・ESL
習い事
同窓会・同好会
協会
ゴルフ
スキー
テニス
キャンプ
釣り
競馬・競犬
ドライブ
カラオケ
ナイトライフ
スポーツ観戦
チケット購入法
ジャズ
ブルース
ロック
クラシック
オペラ
ミュージカル
日本人ミュージシャン
ビリヤード
アイススケート
映画
ビーチ
プール
スパ・エステ・サウナ
リンゴ狩り
ディスク・ゴルフ
祝日の過ごし方
   
サイト内検索
生活を開始する為の手続き
観光
医療・病院
エンターテイメント
学校
ショッピング
レストラン
   
賃貸物件リスト
求人情報
フリマ
掲示板
ぷれ〜り〜・バックナンバー
カレンダー
リンク
     
 

シカゴで遊ぶ:ジャズ・ブルースバー:Andy’s Jazz Club

ブルース ジャズ イベント
ダウンタウン 郊外 ダウンタウン 郊外 ジャズ ブルース
Andy’s Jazz Club

立地はダウンタウンのド真ん中。StateとHubbardの交差点のすぐ近くにあるAndy’s Jazz Clubはシカゴ・ジャズの老舗の一つ。黄色い屋根が目印です。

ジャズのセッションは、平日は、昼の部、5時の部、そして9時からの一日3回あり、週末は5時からと9時からの2回。ここはジャズバーにしては珍しく、平日は昼間も営業しています。しかも、ランチやディナーメニューもあるので食事も楽しめます。5時からというのはジャズバーとしては珍しいので、会社帰りのサラリーマンが数杯のビールとライブのジャズを楽しんでいます。

ここのジャズは、アシッド・ジャズといったコンテンポラリー系よりも、ベーシックなジャズが多いようです。そしてAndy’sのウリはなんといっても月に数回のスペシャル・イベントなので、ホームページは要チェックです。

カバーチャージは演奏するバンドによって変わりますが、比較的安く、だいたい10ドル前後。ダウンタウンで気軽にジャズを楽しむにはもってこいですね。その立地の良さとカバーチャージの手ごろさからか、旅行者に人気のジャズ・バーでもあります。日本の旅行ガイドだけでなく、ヨーロッパのガイドにもかならず載っているそうですよ。

意外とステージは広く、演奏者達もカジュアルな雰囲気でプレイしています。
立地も良くて、食事も出来るというのは得点高いですよね。 旅行者も多いお店です。 平日の5時からセッションが始まるというのは珍しいですよね。
演奏中でもおしゃべりする人達で、店内はなかなか騒々しいです。
住所: Andy's Jazz Club
地図: 11 E. Hubbard, Chicago
電話番号: 312-642-6805
WEBSITE: www.andysjazzclub.com/
営業時間: 月〜木曜日11時〜深夜1時30分。
金・土曜日11時〜深夜2時。
日曜日4時〜12時30分。
定休日: 定休日 なし
カバーチャージの有無 $5〜20
パーキング状況: 路上駐車 ある
バレー なし
お客さんの服装: カジュアル(ジーンズやスニーカー)
セミカジュアル(ジャケット着用)
ビジネスカジュアル(ネクタイ着用)
フォーマル ×
感想:

ダウンタウンのど真ん中という事もあり、立地は最高ですが、専用の駐車場があるわけではないので、週末はストリートパーキングを見つけるのも大変でしょう。

カバーチャージは、10ドル。カウンターのバーではなくて、席に着くと1ステージに2本の飲み物を頼む決まりになっています(一人2本ではなく、一席で2本です)。多くのジャズバーと違い、食事もとる事が出来ます。メニューは、スープ、サラダ、ハンバーガー、ピザ、ステーキなどアメリカのダイナーのメニューです。

ホールは少し古い感じはしますが、ジャズバーとしては広い方かな?ステージはかなり近く、臨場感はなかなかグッドです。一番前の席は、ステージにテーブルがくっつきそうなほど。

オーディエンスはとてもカジュアルなので、ドレスアップする必要はありません。
雰囲気は、静かにジャズを楽しむというよりも、仲の良い友達たちとワイワイ・ガヤガヤしながらジャズを聴くという感じです。演奏中もガヤガヤおしゃべりがとまりません。地元の人よりも、観光で来ている人が多いようで、写真をたくさん撮っている人もわりと見かけました。プレイヤーの演奏をじっくりと聴くというよりは、ジャズの雰囲気を楽しみながら、お酒を飲んだり、おしゃべりをするという感じです。

今回は、ラス・フィリップスとウィンディ・シティー・オールスターズというピアノ、ベース、ドラム、サックス、そしてトランペットというバンドでした。プレイヤーたちは、服装もラフで、あまり肩ひじはらずに弾いている感じでした。サックスやトランペット奏者は、自分のパートが終わるとステージから降りて、横でおしゃべりしています。演奏は、ベーシックなジャズで良かったと思います。

ダウンタウンで、 “気軽にジャズの雰囲気を楽しみたい”あるいは、“友達とジャズをバックにお酒を手軽に飲みたい”という方には良いと思います。Green Dolphinがスタイリッシュなジャズ・バー、Jazz Showcaseが本格ジャズが楽しめる老舗だとすれば、Andy’sは手軽にワイワイ楽しめるジャズ・バーです。

 
     
Copyright:2001-Present:SUMUTOKO.COM.
All rights reserved. mail: info@sumutoko.com
当サイトに関するお問い合わせはシステム統括部webmaster@sumutoko.comまでお願いします。
このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。著作権は『住むトコ.COM』またはその情報提供者に帰属します。
No reproduction, distribution, or transmission of the copyrighted materials at this site is permitted without the written permission of SUMUTOKO.COM., unless otherwise specified. Using this site means you agree to our Terms of Use and Privacy Policy.