シカゴについて 住宅情報 各種手続き 食べる 遊ぶ 買い物 医療・妊娠 観光・旅行 仲間・グループ 学校・お稽古 働く 電話帳 フリマ・掲示板 イベント・カレンダー ぷれ〜り〜バックナンバー
賃貸住宅情報 レストランガイド 日本料理店情報 同窓会 同好会・クラブ 写真ギャラリー 習い事 ゴルフ 旅行代理店お勧めパッケージ 郊外の見所 ベーカリー チョコレート屋さん 試してみよう
『シカゴで食べる』のホーム 『住むトコ.COM』 | シカゴ版ホーム | 連絡先 |
住むトコ内検索
電話帳
医者・病院
歯医者
保険
弁護士
不動産会社
銀行・投資
人材派遣
会計事務所
引越し/運送
クルマ
商工不動産
翻訳・通訳
広告・印刷
宅配
旅行代理店
航空会社
レンタカー
ホテル
ツアコン
食料品店
日本料理
レストラン
ベーカリー・クレープ
ショップ
書店/音楽
美容院
ビデオ屋
カラオケ
コンピューター・ネットワーク
新聞
ゴルフ場
英会話・ESL
習い事
同窓会・同好会
協会
ホーム
日本料理
レストラン・ガイド
ベスト3
レストランの手引き
シカゴの食べ物

食料品店

食材対訳表
ベーカリー
珈琲・お茶
チョコレート
調理用換算表
BBQ
ワイン
アフタヌーンティー
ブランチ
食の特集
用語集
   
サイト内検索
生活を開始する為の手続き
観光
医療・病院
エンターテイメント
学校
ショッピング
レストラン
   
賃貸物件リスト
求人情報
フリマ
掲示板
ぷれ〜り〜・バックナンバー
カレンダー
リンク
     
  シカゴのレストランガイド
エリア別

料理の種類別

ベスト3 レストランの行き方 食に関する特集 日本料理

Weber Grill  
1010 N. Meacham Road, Schaumburg MAP 847-413-0800
539 N. State Street, Chicago MAP 312-467-9696
2331 Fountain Square Dr., Lombard MAP 630-953-8880

<再訪問>

前回バーベキューリブに感激した取材班、今回はやっぱり炭焼きステーキをトライしにやってきました!

アペタイザーにオーダーしたMargarita Pizzaは、トマト、フレッシュバジル、グリーンオニオン、パルメザンチーズ、それにマッツオレラチーズののったタイプ。結構厚めのクラストにトマトソースと、フルーティーだけど甘すぎない新鮮なトマトとの相性が○。のっているネギは多めですが、においがキツくならず、程よいアクセントになっています。熱々でなかったのが残念でしたが、素材の新鮮さがよく分かる美味しいアペタイザーでした。

今回はステーキだけでなく、Weber Classic とSanta Fe Burger(Southwestern Spices, Jalapeno-Jack Cheese and Guacamole)という二種類の炭焼きバーガーもオーダーしました。このお店のバーガーは、10オンスのブラックアンガス・ビーフ。そしてコールスローとフライドポテト、そしてピクルスがついてきます。Weber Classicは、チーズの種類を選べるので、今回はマッツオレラに。そしてバーガーの焼き方はやっぱりミディアム・レアにしました。

ウェーバークラッシック・ハンバーガーは、とにかく肉厚でジューシー。バーベキューグリルで焼いているので香ばしいのも魅力的です。Weber Grill の為にわざわざ作られているというバンズは、ほんのりと甘くて軽く、ハンバーガーによく合います。素材一つ一つが厳選されているのが良くわかるので、ケチャップやマスタードを入れちゃうともったいないくらい。勿論そのままでも美味しい高級バーガーです。

もう一つのサンタフェ・バーガー もやっぱり肉厚で、一口ほおばると肉汁がジュージュー出てきます。でも、しつこくはなく、ニンニクの利いたワカモーレの塩味もよく、ほんのりスパイシーなJalapeno-Jack Cheeseとのバランスも絶妙です。思っていたよりもずっとしつこさのないあっさりバーガーでした。ただ、まるまる入ったオニオンスライスがちょっと多めに感じるかもしれませんので、自分で量を調整してみてください。ハンバーガーについてくる皮付きのシーズンド・フライやクリーミーな仕上がりのコールスローも美味しいですよ。

さて、お待ち兼ねの炭焼きステーキ。お店のシグネチャーであるHickory-Roasted Prime RibとBone-In Ribeye Steakのどちらにするかをかなり迷ったのですが、ウエイトレスさんの『リブアイは最高!』の一言で今回はリブアイに。シンプルに食べるか、もしくは3ドルエキストラでChunky Roasted Garlicや、Blue Cheese and Fresh Herbs、Wood-Roasted Mushrooms、Parmesan Cheese、Cheddar Cheese Beer Sauceなどの味付けを選ぶこともできるようですが、ベーシックが信条の取材班はシンプルにそのままでトライ。

ミディアム・レアに焼いてもらったリブアイ・ステーキについてのコメントですが、もちろん、世の中には色んなステーキのお店がありますから、一番だとは言いませんが、今まで食べた色んなリブアイステーキと比べても『One of the Best!』と言い切ってしまいましょう!(編集部はよほどの事が無いと言い切りません。)ジューシーで柔らかく、このたまらない旨さには思わず頬がゆるみます。炭焼きならではの香ばしい焼き具合も抜群。出てきたら脇目もふらず熱々のうちに食べて頂きたいですね。このお店では、ステーキの焼き加減は6種類あり、Pittsburgh (Black & Blue)というレアよりもお肉の内部がまだ冷たい焼き加減もできるそうです。次はレアにチャレンジしてみたいです。

食後のデザートはサンプル・トレイを見てオーダーすることができるのですが、流石にどれもビッグ・サイズ。いろいろ迷った挙句Big G's Warm Dutch Apple Pie(Brown Sugar Drizzle and Vanilla Bean Ice Cream)をオーダーしました。シナモンの香りが結構きつめだし、クランブルトップなので好みが分かれそう。日本人には残念ながら甘すぎるでしょうね。バニラビーンズがたっぷり入っているアイスクリームの部分は、甘さが少し抑えられていてまだマシでした。

今回の記事は、編集部が同席したぷれ〜り〜誌の取材内容に加筆したものです。

最初に出てくるパン ピザのクラストとは厚め しつこさのないあっさりサンタフェバーガー
肉厚でジューシーな
ウェーバークラッシック
ミディアム・レア ウエイトレスさんもおすすめのリブアイ
 
香ばしい焼き具合も抜群 ビックサイズのアップルパイ  


1952年に、ジョージ・ステファン氏が最初の製品を作って以来、今日まで全米の多くのファンに絶大な人気を誇るウェバーグリル。今回紹介するウェバーグリル・レストランは、実際にこのウエバーグリルを使って調理した料理を食べさせてくれるレストランです。シカゴにはシティや郊外合わせて全部で4店舗あり、今回は2005年にオープンしたシャンバーグ店に足を運んでみました。

Meacham Roadに面した店舗は、外から見てもすぐにわかる大きくて赤いグリルが目印です。店に入ると、左手に大きなウェバーグリル達がいくつもも並んでいて、お肉から滴り落ちる油で火が舞い上がる直ぐそばで、シェフたちがキリリとバンダナを締めて炭火で焼いている姿を見ることが出来ます。ジョージステファン氏がウェバーグリルでお肉を焼く姿の銅像もあり、そのとびっきりの笑顔が私達を出迎えてくれます。店内は意外と落ち着いた雰囲気で、照明も少し落としてあり、全体的にダークな色合いで統一されています。壁にはステファン氏と1952年から続くウェバーグリルの写真が飾ってあります。

席に着くと、テーブルロールがホイップバーターとベジタブルペーストと一緒に出てきました。プレッツェル生地なので、モチモチとした食感は美味しいのですが、やはりかなりの食べ応えなので、たくさん食べないように気をつけた方が良さそうです。そうこうしているうちにアペタイザとしてオーダーしたGrilled Steak Skewersをウエイターさんが持ってきてくれました。しょうが醤油を使った串焼きが、カールしたフライド・オニオンの上に乗っています。醤油というアジアンフレーバーとカリカリしたオニオンのマッチングはなかなかのものです。

さて、メインはやっぱりお肉。今回の取材班はSkirt SteakとCompetition-Style Baby Back Ribsをオーダーしました。スカートステーキはお皿に入りきらないほどの大きさ!こちらもしょうが醤油でマリネしてから焼いてあるらしく、日本人の舌にも良く合います。焼き具合も想像以上の出来で、ミディアムレアで頼んだお肉は、ナイフを入れるとすっと切れるほどの柔らかさです。色とりどりのピーマンや玉ねぎなどのグリルド・ベジタブルがお皿に華を添えてくれます。もう一つのメインであるベビーバックリブは、かなりのお勧めメニューです。スパイスと一緒にスモークされていてとってもジューシーなのですが、口に含んだ時のスモーキーさがたまりません。サイドについてくるソースは少し甘めで、これもこのスモーキーなリブにはぴったりです。手が汚れるのも気にせずかぶりついていたら、食後にはちゃんと温かいオシボリを持ってきてくれました。

美味しいお肉でお腹がいっぱいなところに、ウエイターさんがデザートのサンプルを持ってきて見せてくれました。ほとんど食べたというウエイターさんの細かい説明を一通り聞いたあと、彼が「これはとっても甘い!」というピーカンケーキは避け、季節によって違うというSeasonal Cheesecakeを頼みました。この日はキーライムチーズケーキだったのですが、下はさっぱりしたプレーンなチーズケーキで、上はキーライムのレモンカードが乗っていました。デザートはどれも大きく、2人で一つでも多いくらいでした。

面白かったのは、40枚のステーキを焼くことが出来るというとっても大きなグリル。実際にレストランでも使われているのですが、その大きさは本当に驚きです。しかも、なんと一般の方も購入することできるそうです。日本へのお土産にいかがですか?大人数のグループでも気軽に楽しめるようになっていて、誕生日のディナーをしているテーブルがいくつもありました。プライベートルームもありますのでちょっとしたパーティーにも良さそうです。暖かい時期にはオープンテラスで食事を楽しむこともできるので、この日もテラス席はいっぱいでした。

カリカリオニオンの上にのたしょうが醤油味の串焼き お勧めです!バーベキューリブ アジアン・テイストのSkirt Steak。
季節によって代わる 照明も落としてある落ち着いた雰囲気 大きなウエーバーグリルが沢山!

HOUR:

時間帯がロケーションによって異なりますので、ウェブサイトまたは電話でご確認下さい。
お勧めのシチュエーション:
デート・合コン・日本から家族が来た時・ファミリ
服装:
男性のシャツは袖のある物。袖のないタンクトップなどは×
お値段:
$$$$
(¢=$10以下、$=$10~$20、$$=$20〜$30、$$$=$30〜45、$$$$=$45+(ドリンク含まず))
 
     
Copyright:2001-Present:SUMUTOKO.COM.
All rights reserved. mail: info@sumutoko.com
当サイトに関するお問い合わせはシステム統括部webmaster@sumutoko.comまでお願いします。
このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。著作権は『住むトコ.COM』またはその情報提供者に帰属します。
No reproduction, distribution, or transmission of the copyrighted materials at this site is permitted without the written permission of SUMUTOKO.COM., unless otherwise specified. Using this site means you agree to our Terms of Use and Privacy Policy.