シカゴについて 住宅情報 各種手続き 食べる 遊ぶ 買い物 医療・妊娠 観光・旅行 仲間・グループ 学校・お稽古 働く 電話帳 フリマ・掲示板 イベント・カレンダー ぷれ〜り〜バックナンバー
求人情報 賃貸住宅情報 レストランガイド 日本料理店情報 同窓会 同好会・クラブ 習い事 ゴルフ 旅行代理店お勧めパッケージ 郊外の見所 ベーカリー チョコレート屋さん 試してみよう
『シカゴで食べる』のホーム 『住むトコ.COM』 | シカゴ版ホーム | 連絡先 |
住むトコ内検索
電話帳
医者・病院
歯医者
保険
弁護士
不動産会社
銀行・投資
人材派遣
会計事務所
引越し/運送
クルマ
商工不動産
翻訳・通訳
広告・印刷
宅配
旅行代理店
航空会社
レンタカー
ホテル
ツアコン
食料品店
日本料理
レストラン
ベーカリー・クレープ
ショップ
書店/音楽
美容院
ビデオ屋
カラオケ
コンピューター・ネットワーク
新聞
ゴルフ場
英会話・ESL
習い事
同窓会・同好会
協会
ホーム
日本料理
レストラン・ガイド
ベスト3
レストランの手引き
シカゴの食べ物

食料品店

食材対訳表
ベーカリー
珈琲・お茶
チョコレート
調理用換算表
BBQ
ワイン
アフタヌーンティー
ブランチ
食の特集
用語集
   
サイト内検索
生活を開始する為の手続き
観光
医療・病院
エンターテイメント
学校
ショッピング
レストラン
   
賃貸物件リスト
求人情報
フリマ
掲示板
ぷれ〜り〜・バックナンバー
カレンダー
リンク
     
  シカゴのレストランガイド
エリア別

料理の種類別

ベスト3 レストランの行き方 食に関する特集 日本料理

Smak-Tak  
5961 N. Elston Ave, Chicago MAP 773-763-1123

民家の建て並ぶシカゴ市内の北部に、ポーランド料理のお店「Smak-Tak」はあります。オーナーのピーターさんはポーランドの元スキー選手という経歴の持ち主で、2005年にシカゴへ移り住んだのを機にこのレストランを買いうけて再オープンしました。ポーランド語で「おばあちゃん」という意味の”Babcha”(バブチャ)が作るような、ポーランドの家庭料理を提供したいという思いからはじめたそうですが、お店にはそんな懐かしくて温かみのあるポーリッシュ・フードを求めて、ポーランド人をはじめとする地元のお客さんが次々にやってきます。6つのテーブル席とカウンター席があるだけのこぢんまりとしたお店ですが、店内には季節の行事に合わせてアレンジした造花や、赤いテーブルクロスに東欧らしい置物が飾ってあったりと、とても家庭的なインテリアで落ち着きます。

まずはスープメニューからボルシチスープとマッシュルームスープを注文しました。濃厚な紫色のボルシチスープは口に含むと甘酸っぱい香りと程よい甘さ、それに新鮮なハーブの香りが贅沢にも広がります。スープには小さなピオロギ(ポーランド風の餃子)も入っているので、これとパンだけでもお腹がいっぱいになりそうです。マッシュルームスープは、数種類の生マッシュルームと乾燥マッシュルーム、人参、ネギ、それにアーモンドのような形をしたパスタも入っていて具沢山。最初は塩加減が足りないかな、と思いましたが飲んでいるうちにドライマッシュルームの旨みを消さないためにあえて薄味にしている事を実感しました。爽やかで新鮮なパセリとの相乗効果もあって、より風味高く仕上がっています。アペタイザーにはポテトパンケーキとピオロギを頼んだのですが、どちらも前菜とは思えないくらいのボリュームにびっくり。削ったポテトとネギ、塩、それに粉を混ぜたポテトパンケーキは、バターでこんがりと焼いてあるので、外はカリッ&中はモチモチでとても良い食感。また、削ったポテトの厚みや柔らかさも絶妙で、シンプルな食材を使っているにもかかわらず奥深い一品。あまりに美味しいのでシェフの一人にレシピを聞いてみましたが、残念ながら「秘密です」と真顔で言われてしまいました。ピオロギは厚みのある餃子のような皮の中にお肉やチーズ、サワークラウト(キャベツの酢漬け)、ブルーベリーなど家庭や地域によって様々な具が入っていますが、今回はお店でも一番ベーシックでおすすめという、お肉のピオロギを頼みました。皮はかなり厚みがありますがプリプリと弾力があり、具のお肉は一旦調理した塊肉からひき肉にしたものを使っているので、滑らかで溶けるような柔らかさ。玉ねぎやニンニク、秘密のスパイスを練り混んでしっかりと味付けしてあるので、特にソースなどをつけなくても十分ですが、お好みでサワークリームやアップルソースをつけると、味のバリエーションが広がってさらに美味しくいただけます。

メインに頼んだシシカバブは豚肉や鶏肉をスパイスやレモン汁、マスタードなどをミックスした漬け汁につけて野菜と一緒に竹串に刺して焼いたグリル料理です。マリネ液はお肉だけでなく野菜にも溶け込んでいて、こちらもなかなかお勧め。ピーターさんのお気にいりという仔牛ひき肉のマッシュルームソース添えは、仔牛肉のハンバーグステーキの上に刻んだマッシュルーム入りのクリーム・ソースをかけたお料理です。たっぷりかかったソースはあっさりとしすぎていてパンチに欠けますが、玉ねぎやスパイスを練りこんで寝かせたというハンバーグは、肉汁とともに口の中でとろけるような柔らかさで◎。どちらのメイン料理にもキャベツや人参など6種の野菜を使用したコールスローと、赤キャベツを煮込んだサワークラウト、それにマッシュポテトがついてきます。コールスローはドレッシングがサラッと軽く、ほんのり残る甘さで食べやすく、刻んだ赤キャベツを酢や砂糖に漬けたサワークラウトは、シャキシャキとした食感がいいので箸休めもピッタリ。

デザートにはポピーシード(ケシの実)ケーキをトライしました。甘さが控えめで日本人の口にもよくあいますし、生地に練りこんだケシの実は歯の間に挟まらないようにと細かく砕いてあるなどの気配りが嬉しいです。生地はちょっとドライな気もしましたが、紅茶や食後酒と一緒にいただくとちょうど良いようです。

小さなお店なのですぐに満席になることもありますが、お店をサポートする地元の常連さんたちは、新しいお客さんが入ってくるとちょっと早めに食事を済ませてくれたり、お料理選びのアドバイスをしてくれたりと、お店全体がとても温かくてフレンドリーな雰囲気なのも好印象。新鮮なハーブや野菜を使って丁寧に調理されたお料理は、どれも塩や砂糖が控えめなので素材の味が引き立っているのも嬉しいです。BYOBなのでお好きなアルコール類のある方は一緒にお持ちください。

(01/30/2017)

数種類の生&乾燥マッシュルームを使ったスープはきのこの旨みたっぷり。 甘酸っぱい香りと程よい甘さ、新鮮なハーブの香りが贅沢に広がるボルシチスープ。 シンプルながらも奥深い味わいのポテトパンケーキはとってもお勧め。
ピオロギ(ミート)は手間暇かけたお肉の味わいと滑らかな食感がたまりません。 スパイスやレモン汁、マスタードなどの漬け汁にしっかりとつけてグリルしたシシカバブ。 ピーターさんが中でもお気にいりという仔牛ひき肉のマッシュルームソース添え。
甘さが控えめで日本人の口にもよくあうポピーシード(ケシの実)ケーキ。 壁には数々のメディアに取り上げられた記事や賞が飾られていて、お店の評判の高さがうかがえます。
オーナーのピーターさん。 こぢんまりとしていますが、とっても家庭的で居心地のよい雰囲気の店内。
     

HOUR:

火−日: 11:00 am - 9:00 pm
月  : 定休日
お勧めのシチュエーション:
日本から家族が来た時、ファミリー、テイクアウト
服装:
カジュアル
お値段:
$$$$
(¢=$10以下、$=$10~$20、$$=$20〜$30、$$$=$30〜45、$$$$=$45+(ドリンク含まず))
 
     
Copyright: 2001-Present:SUMUTOKO.COM.
All rights reserved. email: info@sumutoko.com
当サイトに関するお問い合わせはシステム統括部webmaster@sumutoko.comまでお願いします。
このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。著作権は『住むトコ.COM』またはその情報提供者に帰属します。
No reproduction, distribution, or transmission of the copyrighted materials at this site is permitted without the written permission of SUMUTOKO.COM., unless otherwise specified. Using this site means you agree to our Terms of Use and Privacy Policy.