シカゴについて 住宅情報 各種手続き 食べる 遊ぶ 買い物 医療・妊娠 観光・旅行 仲間・グループ 学校・お稽古 働く 電話帳 フリマ・掲示板 イベント・カレンダー ぷれ〜り〜バックナンバー
求人情報 賃貸住宅情報 レストランガイド 日本料理店情報 同窓会 同好会・クラブ 習い事 ゴルフ 旅行代理店お勧めパッケージ 郊外の見所 ベーカリー チョコレート屋さん 試してみよう
『シカゴで食べる』のホーム 『住むトコ.COM』 | シカゴ版ホーム | 連絡先 |
住むトコ内検索
電話帳
医者・病院
歯医者
保険
弁護士
不動産会社
銀行・投資
人材派遣
会計事務所
引越し/運送
クルマ
商工不動産
翻訳・通訳
広告・印刷
宅配
旅行代理店
航空会社
レンタカー
ホテル
ツアコン
食料品店
日本料理
レストラン
ベーカリー・クレープ
ショップ
書店/音楽
美容院
ビデオ屋
カラオケ
コンピューター・ネットワーク
新聞
ゴルフ場
英会話・ESL
習い事
同窓会・同好会
協会
ホーム
日本料理
レストラン・ガイド
ベスト3
レストランの手引き
シカゴの食べ物

食料品店

食材対訳表
ベーカリー
珈琲・お茶
チョコレート
調理用換算表
BBQ
ワイン
アフタヌーンティー
ブランチ
食の特集
用語集
   
サイト内検索
生活を開始する為の手続き
観光
医療・病院
エンターテイメント
学校
ショッピング
レストラン
   
賃貸物件リスト
求人情報
フリマ
掲示板
ぷれ〜り〜・バックナンバー
カレンダー
リンク
     
  シカゴのレストランガイド
エリア別

料理の種類別

ベスト3 レストランの行き方 食に関する特集 日本料理

Shula's Steak House  
at the Sheraton Chicago Hotel & Towers
301 East North Water Street, Chicago
MAP 312-670-0788

注)取材に訪れたアイタスカ店は残念ながら閉店しました。(2017年7月確認現在)

アメリカンフットボールの世界では伝説の、シーズン全勝を成し遂げた1972年のマイアミドルフィンズ。そのドルフィンズを率いたのが今回紹介するステーキレストラン・フランチャイズShula'sのオーナーである「ドン・シューラ」氏です。

フットボール選手に限らずプロアスリート達には肉好きな選手が多いのはご存知の通り。彼自身も遠征先のあらゆるステーキ屋を食べ歩いたそうで、その経験を生かして、地元マイアミにナンバーワンのステーキレストランを作ろうと思い立ったのがきっかけだとか。味はもちろんの事、その洗練されたサービスが評判を呼び、今では25以上もの店舗をもつアメリカでトップ5に入るステーキレストランとなっています。

イリノイにはシカゴ市内とシカゴ郊外に店舗があり、今回取材班が訪れたのはアイタスカにあるウィンダムホテル内のお店でした。オーク調の重厚な店内は非常に落ち着いているものの、フットボールがテーマなので当時の記念写真や、サイン入りフットボールなどが沢山飾ってあり、ファンでない人はちょっと引いてしまうかも知れません。しかし、味は確かですし、前出のようにウエイトレスやウエイター達のてきぱきとした細やかなサービスが秀逸ですので、そこは大目にみるだけの価値ありです。

まずアペタイザーを待っている間に出てきたパンからして違いが分かります。柔らかくて温かく、ほのかな酸味を感じさせるサワードウブレッドはとても美味で、チーズ入りかと思わせるほど濃厚なバターとの相性もばっちり。気を付けないと食べ過ぎてしまうほどです。パンやバターひとつをとっても気を配らずに出しているものは無いという姿勢の表れなのでしょう。

アペタイザーには生オイスターと、バーベキューシュリンプ、そしてトマトとゴーゴンゾーラチーズのサラダをオーダーしたのですが、思わず目を見開いてしまうほと美味しいのが、大ぶりな海老がカリカリ・ベーコンに巻かれているバーベキューシュリンプです。たっぷりかかっているバーベキューソースとのコンビネーションが素晴らしく、一緒に出てきた大きくて新鮮な生オイスターの味が霞んでしまったほど。また、トマトとビネグレットがベースのサラダには、大きな分厚いトマトのスライスと、ゴーゴンゾーラチーズがのっていて非常にサッパリしていました。

編集部がアペタイザーを食べ終わった頃合を見計らって、ウエイトレスが軽くレモンをしぼったおしぼりを持ってきてくれます。手についたシーフードの匂いを消して、引き続きお食事をお楽しみくださいという事なのです。こういう細やかな気配りにシューラ氏のこだわりを感じます。

さて肝心のステーキですが、一番人気のあるステーキはフィレミニヨンとポーターハウスだとか。そこで今回は24オンスのポーターハウスと、もう一つはウエイトレスさんオススメの22オンスの骨付きカウボーイ・ステーキ(リブアイ)をオーダーしました。お肉については編集部の中でも好みがいつも分かれるのですが、ミディアムレアで頼んだリブアイのカリカリに焼かれた表面といい、お肉の脂がウマミを出している塩バター味といい、今回は満場一致でオススメです。それに比べるとレアで頼んだポーターハウスは塩加減がカウボーイステーキに比べると少し薄めで、脂のノリが少ないように感じました。脂のノった、こってりステーキより、アッサリした味をお求めの方にはポーターハウスの方が向いているかも知れませんが、やはりイチオシはリブアイです。ステーキのサイドについてくるマッシュルームも、塩コショウとバターでソテーされていてこれまたステーキの良い箸休めとなっていました(ステーキなのに『箸休め』というのも変ですが。。。)。

デザートには迷わずチョコレートスフレをどうぞ!出すタイミングを間違うと美味しさが半減する繊細なデザートだけに、他店であまり見ることの少ないスフレですが、ウエイトレスさんが注意深く我々の食事の進み方を観察していたのが分かるような素晴らしいタイミングで出てきました。二人分はゆうにあるこのスフレは、熱々でふわっふわ。もちろん表面もちゃんとパリッとしていて、砂糖の食感もところどころに感じられます。大きいので最後まで食べるにはもう少し甘さがひかえめだと完璧だったのかも知れませんが、最初の一口の幸福度は言葉を失ってしまうほどです。一緒についてくる生クリームや、カスタードソース、それからバニラアイスクリームなどで色んな味を楽しんでください。

高級ホテルのレストランらしく、お洒落なフルバーがあるのも魅力です。オンラインでステーキを購入して自宅で楽しむこともできるそうです。

ウエイターさんに渡されたメニューはなんとフットボール型! 左がオイスターで、右が編集部が気に入ったシュリンプ 大きなトマトのスライスを使ったサラダ
レアで頼んだポーターハウス ミディアムレアのカウボーイ。カリカリ加減が美味しそうでしょ? これがとっても大きなチョコレートスフレ。完璧なタイミングで登場しました!
カスタードソースや、アイスクリーム、生クリームなど色んなトッピングが楽しめます。 ふんわりしあげでした。おいしい〜。 お店の雰囲気は重厚でクラッシー。でもカジュアルダイニングが楽しめます。
   
パーティールームも完備    

HOUR:

ロケーションによって違うのでウエブサイトで確認ください。
お勧めのシチュエーション:
接待、ファミリー、軽いデート、合コン
服装:
カジュアル
お値段:
$$$$
(¢=$10以下、$=$10~$20、$$=$20〜$30、$$$=$30〜45、$$$$=$45+(ドリンク含まず))
 
     
Copyright: 2001-Present:SUMUTOKO.COM.
All rights reserved. email: info@sumutoko.com
当サイトに関するお問い合わせはシステム統括部webmaster@sumutoko.comまでお願いします。
このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。著作権は『住むトコ.COM』またはその情報提供者に帰属します。
No reproduction, distribution, or transmission of the copyrighted materials at this site is permitted without the written permission of SUMUTOKO.COM., unless otherwise specified. Using this site means you agree to our Terms of Use and Privacy Policy.