シカゴについて 住宅情報 各種手続き 食べる 遊ぶ 買い物 医療・妊娠 観光・旅行 仲間・グループ 学校・お稽古 働く 電話帳 フリマ・掲示板 イベント・カレンダー ぷれ〜り〜バックナンバー
賃貸住宅情報 レストランガイド 日本料理店情報 同窓会 同好会・クラブ 写真ギャラリー 習い事 ゴルフ 旅行代理店お勧めパッケージ 郊外の見所 ベーカリー チョコレート屋さん 試してみよう
『シカゴで食べる』のホーム 『住むトコ.COM』 | シカゴ版ホーム | 連絡先 |
住むトコ内検索
電話帳
医者・病院
歯医者
保険
弁護士
不動産会社
銀行・投資
人材派遣
会計事務所
引越し/運送
クルマ
商工不動産
翻訳・通訳
広告・印刷
宅配
旅行代理店
航空会社
レンタカー
ホテル
ツアコン
食料品店
日本料理
レストラン
ベーカリー・クレープ
ショップ
書店/音楽
美容院
ビデオ屋
カラオケ
コンピューター・ネットワーク
新聞
ゴルフ場
英会話・ESL
習い事
同窓会・同好会
協会
ホーム
日本料理
レストラン・ガイド
ベスト3
レストランの手引き
シカゴの食べ物

食料品店

食材対訳表
ベーカリー
珈琲・お茶
チョコレート
調理用換算表
BBQ
ワイン
アフタヌーンティー
ブランチ
食の特集
用語集
   
サイト内検索
生活を開始する為の手続き
観光
医療・病院
エンターテイメント
学校
ショッピング
レストラン
   
賃貸物件リスト
求人情報
フリマ
掲示板
ぷれ〜り〜・バックナンバー
カレンダー
リンク
     
  シカゴのレストランガイド
エリア別

料理の種類別

ベスト3 レストランの行き方 食に関する特集 日本料理

Gibsons Bar & Steakhouse  
5464 North River Road. Rosemont MAP 847-928-9900
2105 South Spring Road. Oak Brook MAP 630-954-0000
1028 North Rush Street. Chicago MAP 312-266-8999

今回ご紹介する『Gibsons Bar & Steakhouse』は、Rosemontコンベンションセンターの向かいにある、DoubleTreeホテルに併設されたステーキ・レストランです。重厚な木目調の家具や壁に飾ってある水彩画がクラッシックな印象で、しっとりと落ち着いたインテリがとっても素敵なお店です。今回は土曜日の早めのディナータイムに訪れてみたのですが、ホテルやコンベンションセンターからのお客さんも多かったようで、店内はすでに多くの家族連れやビジネスマンで混みあっていました。

アペタイザーをオーダーすると、レーズン入りのパンとフランスパン、サワードウの3種類のパンが運ばれてきました。中でも甘みと酸味が絶妙なレーズンパンは取材班に人気でした。前菜にはAlaskan King Crab Crawと、ウェイターさんのオススメのCrab Meat & Avocado 、それにGumbo Soupをオーダーしました。1ピースから頼むことのできるアラスカン・キングクラブ・クロウ は蟹の身がプックリと厚く、見た目からも新鮮なのがよくわかります。程よい茹で加減と塩加減が、蟹の自然な甘みとウマミを最大限に引き出していて、「シーフードはフレッシュなものをシンプルに食べるのが一番!」とあらためて実感させられました。砕いた氷の上に盛り付けられたクラブミート&アボカドは、細かくほぐした蟹肉をアボガドやカラフルなパプリカ、セロリ、ケーパーと一緒に特製のマヨネーズソースで絡めたもの。マヨネーズソースはかなりさっぱりとしていて、ひんやりと冷たいので、夏にもぴったりです。ガンボスープはソーセージやオクラ、海老、鶏肉、パプリカ、それにライスなどが入っていて具沢山。コクがあるけれど濃すぎないスープは辛さもマイルドで、何よりもオクラのねっとりとしたテクスチャーがたまりません。

メインにはW.C. Chicago Cutという骨付きのRib Eye SteakとLondon Broilを注文しました。このお店の名物ステーキであるシカゴカットは、USDAプライム・アンガスビーフを使用しています。プライム・アンガスビーフは、餌に120日間トウモロコシを与え、お肉を40日間じっくりと熟成させているので、肉の柔らかさやウマミは格別です。分厚いシカゴカットのステーキは希望通りのミディアムレアですが、表面はGibsons流に結構焦がしてあるのがポイントです。ジューシーで柔らかい上質のお肉なだけに、ナイフを入れると跳ね返るような弾力があり、口に入れるとお肉にしみこんだシーズニングが肉汁とともに伝わります。サイドには、これまたお店のシグネチャーという、ダブル・ベークド・ポテトを頼みましたがその大きさには編集部もビックリ!ベークドポテトの上にはチェダーチーズ味のマッシュポテトが盛られ、さらにその上にはたっぷりのチーズと青ネギがのっています。巨大ではありますが、味わいはとってもクリーミーでチーズのコクがいいので気づくと完食していました。もう1つのロンドン・ブロイルもミディアムレアでお願いしました。ウェイターさんによると、このステーキは牛のお尻の部位をマリネして焼いたもので、そこそこ柔らかいとの説明でしたが、実際食べてみると想像していた以上に噛み応えがあるので、こちらは好みが分かれてしまいそうです。ただ味付けは程よく、香ばしさとお肉のフレーバーがたっぷり味わえるところは悪くありません。サイドのGiardinieraとよばれるセロリやオニオン、パプリカ、それにペッパーを使った、ちょっぴりスパイシーなイタリアン・ピクルスと合わせて食べると、さらにお肉のウマミが引き立つようです。

デザートにCarrot Cakeと何かもう1つオーダーしようとしたところ、ウェイターさんにそれだけで十分だよ、と言われて首をかしげていたのですが、確かに出てきたケーキをみて納得。なんと通常のケーキの3倍から4倍くらい大きなサイズのものが出てきました。スポンジには細切りのにんじんとレーズン、ウォルナッツがたっぷりと入っていて、クリームチーズのアイシングと相性抜群です。しっかりとした甘さはありますがくどさはなく、スポンジもしっとりしていて意外と食べやすいです。

ギブソンズでは美味しいアメリカン・ステーキの他に、特大サイズのサイド・ディッシュや特大サイズのデザートなど、アメリカらしいBIGな一品も目白押しなので、特に日本からの家族やお客さんを連れていくと喜ばれそうです。

(06/04/2012)
テーブルサービスの3種類のパン。中でも甘みと酸味が絶妙なレーズンパンが◎ 新鮮さの伝わるAlaskan King Crab Crawと、ウェイターさんのオススメのCrab Meat & Avocado。 具沢山なGumbo Soupはオクラのねっとり感とコクがとってもいいです。

お店の名物ステーキである骨付きRib Eye SteakのW.C. Chicago Cut。

プライム・アンガスビーフを使っているので、お肉の柔らかさやウマミは格別です。 牛のお尻の部位をマリネしたものを焼いたLondon Broil。
サイド・ディッシュのダブル・ベークド・ポテトは、編集部もびっくりの大きさ。 デザートのCarrot Cakeも、これぞアメリカ!的なジャンボサイズです。 しっとりと落ち着いたインテリがとっても素敵な店内。

HOUR:

お店によって異なりますので、ウェブサイトをご確認ください。
お勧めのシチュエーション:
接待、会食、家族が日本から来たとき、デート
服装:
スマートカジュアル
お値段:
$$$$
(¢=$10以下、$=$10~$20、$$=$20〜$30、$$$=$30〜45、$$$$=$45+(ドリンク含まず))
 
     
Copyright:2001-Present:SUMUTOKO.COM.
All rights reserved. mail: info@sumutoko.com
当サイトに関するお問い合わせはシステム統括部webmaster@sumutoko.comまでお願いします。
このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。著作権は『住むトコ.COM』またはその情報提供者に帰属します。
No reproduction, distribution, or transmission of the copyrighted materials at this site is permitted without the written permission of SUMUTOKO.COM., unless otherwise specified. Using this site means you agree to our Terms of Use and Privacy Policy.