シカゴについて 住宅情報 各種手続き 食べる 遊ぶ 買い物 医療・妊娠 観光・旅行 仲間・グループ 学校・お稽古 働く 電話帳 フリマ・掲示板 イベント・カレンダー ぷれ〜り〜バックナンバー
賃貸住宅情報 レストランガイド 日本料理店情報 同窓会 同好会・クラブ 写真ギャラリー 習い事 ゴルフ 旅行代理店お勧めパッケージ 郊外の見所 ベーカリー チョコレート屋さん 試してみよう
『シカゴで食べる』のホーム 『住むトコ.COM』 | シカゴ版ホーム | 連絡先 |
住むトコ内検索
電話帳
医者・病院
歯医者
保険
弁護士
不動産会社
銀行・投資
人材派遣
会計事務所
引越し/運送
クルマ
商工不動産
翻訳・通訳
広告・印刷
宅配
旅行代理店
航空会社
レンタカー
ホテル
ツアコン
食料品店
日本料理
レストラン
ベーカリー・クレープ
ショップ
書店/音楽
美容院
ビデオ屋
カラオケ
コンピューター・ネットワーク
新聞
ゴルフ場
英会話・ESL
習い事
同窓会・同好会
協会
ホーム
日本料理
レストラン・ガイド
ベスト3
レストランの手引き
シカゴの食べ物

食料品店

食材対訳表
ベーカリー
珈琲・お茶
チョコレート
調理用換算表
BBQ
ワイン
アフタヌーンティー
ブランチ
食の特集
用語集
   
サイト内検索
生活を開始する為の手続き
観光
医療・病院
エンターテイメント
学校
ショッピング
レストラン
   
賃貸物件リスト
求人情報
フリマ
掲示板
ぷれ〜り〜・バックナンバー
カレンダー
リンク
     
  シカゴのレストランガイド
エリア別

料理の種類別

ベスト3 レストランの行き方 食に関する特集 日本料理

Chef Ping

 
1755 Algonquin Rd. Rolling Meadows MAP 847-981-8888

アルゴンキン・ロードとウィルキ・ロードの交差点付近にある『Chef Ping』は『Yu’s Mandarin』(以下略『Yu’s』)のオーナーが新たに経営を始めたチャイニーズ・レストランです。このお店は2009年のオープン当初から評判が高く、郊外ではなかなか質の高い中華料理を食べられるお店が少ない中、際立った存在といえます。週末の取材だった事もあり混雑を予想して5時半に予約をしていたのですが、さすがは人気のレストランだけあって既に店内はほぼ一杯でした。お店は外観も内装も清潔感が漂っています。『Yu’s』に比べるとお店の規模は小さいですが、ダークな色の家具とモダンな装飾品でまとめられておりシックで大人っぽい雰囲気があります。入り口付近にはフルバーも完備され、奥には50人ほど収容可能なバンケット・ルームもあります。

まずは前菜に”Crabmeat Shu Mai”と”Steamed Pot Stickers”、”Jelly Fish Salad”、”Juicy-Juicy Chicken wings”、そして”Salt & Pepper Tofu”の5品を頼みました。カニ・シュウマイは一粒一粒は小ぶりですが、その分カニ身がぎっしりと詰まっています。カニ身は塩味がしっかりとついているのでソースがなくても十分でしたが、カニの風味があまり感じられなかったのはちょっと残念。蒸し餃子は皮に適度な厚みともっちりとした歯ごたえがあります。蒸してから焼き色をつけているので皮にパリッとした部分とツルリとした滑らかな部分があり、同時に二つの食感が楽しめます。餃子は具がぎっしりつまった大ぶりサイズですが、皮の中に閉じ込められた肉汁のうまみを逃さないようにかぶりつくことをがオススメします。くらげのサラダはコリコリとしたくらげに、シャキシャキとした香味野菜をたっぷりと和えた歯ごたえのよいサラダで、しっかりきいた酢とセロリの風味のおかげでさっぱりしているので、こってりした料理や揚げもの料理の間にはさみながら食べるとよそさうです。チキンウィングは名前の通りとってもジューシーな鶏手羽のから揚げです。手羽先だけでなくドラムスティックの部分もありましたが、皮のクリスピーさが味わえるウィング部分がやっぱりお勧めです。味付けは控えめで、鶏肉の味がしっかりと味わえました。ソルト&ペッパー豆腐は丸豆腐を切ったものに衣をつけて揚げ、塩と唐辛子で味付けしたものです。塩とピリリとした青唐辛子の辛さががいい具合にパンチをきかせていて、淡白な豆腐のあまみを際立たせていました。下に添えてあるレタスのみじん切りと一緒に食べると塩辛さが少し和らぎ、さらに食べやすくなります。

さて、ここからはメインディッシュですが、今回は頼んだ品数が多いのでカテゴリーごとにご紹介します。まずは野菜料理ですが、お店のお勧めで豆苗の入った”Sauteed Peapods Tips”と”Szechwan Eggplant”をオーダーしました。塩こしょう、そしてガーリックで炒めた豆苗は、シャキッとした独特の歯ざわりと豆のほんのりとした風味が噛むたびに感じられます。シンプルな味付けだけに調理加減と調味加減の腕が問われるところですが、最大限に素材のうまさを引き出していて文句なしの仕上がりでした。ナスの四川風炒めも参加者が揃って美味い!と認めた一品で、揚げナスにピリッと甘辛いソースを絡めてあります。揚げたてのナスは周りの衣はカリッと、中はフワっとしていて、辛いのに角のないまろやかなソースがいい具合にしみ込んでいています。

シーフード・メニューからは”Szechwan Fish Fillet”をお願いしました。これもピリッと辛い四川風あんかけソースを白身魚にたっぷりと絡めた料理です。白身魚は身がとっても厚く、プリッとしていて新鮮さが伝わってきます。鶏がらのダシがきいたあんは優しい味付けですが、パプリカにも見える真っ赤な唐辛子は本当に本当に、辛いので要注意。ライス・メニューからは、人気の高い塩チャーハン”Young Chow Fried Rice”をお願いしました。プリッとした海老にハム、卵、そしてレタスが入っていて、艶よく光るご飯は期待通りのパラリとしたいい硬さで塩加減もばっちりです。レタスの瑞々しさとシャキッとした歯ごたえがさっぱりさをプラスしていて、いくらでも食べられそうです。麺類からは『Yu’s』でも人気の高かった”Seafood Noodle Soup”がこちらにもあったのでトライしてみました。コシのあるもっちりとした卵麺に海鮮だしのきいたスープも『Yu’s』のチャンポンとそっくりです。具の豪華さもそのままで、この日は海老やホタテ、イカに加えなんと大きなナマコがどーん!とのっていました。ナマコ入りのチャンポンなど取材班も初めてで、感動&興奮しながらいただきましたが、残念ながら独特の生臭さが口に残ってしまい無かったほうがよかったかも、、、、という意見に終わりました。でも、お店の太っ腹なサービス精神は大いに認めたいです。お豆腐メニューからはウェイターさんのお勧め”Mandarin Bean Curd”をお願いしました。野菜と厚揚げを甘めのオイスターソースでいためたものですが、だしのしっかりきいたあんかけソースがおいしく、白ご飯がどんどんすすみます。強火でさっと炒められた野菜は火がしっかり通っているのにシャキッとしていて甘みがあり、弾力のある厚揚げとの組み合わせも◎。

『Chef Ping』にもやはりメニューの最後に中国語のメニューがあり、当然そこからも数品オーダーしました。まずは珍しい黄ニラを使った海鮮炒め”三鮮炒韮黄”。黄ニラはニラの芽が出る前の根株に袋をかぶせて日光を遮断して栽培したもので、中国でも高級食材の1つとして知られています。アメリカではYellow Chiveと呼ばれていますが、希少価値の高い素材だけに黄ニラを使った料理が食べられる所はあまりありません。黄ニラはニラ特有の匂いがなく、まろやかで白ネギのような甘みがあり非常においしいです。またシャクシャクとした柔らかい歯ざわりも心地よく、イカやえび、ホタテのぷりぷりとした弾力とのコントラストもいい感じです。海鮮だしのきいたあんも優しい味で、ほのかな味わいの黄ニラにマッチしていました。”椒鹽大蝦”は大きな海老を丸揚げにし、塩コショウした料理で、香ばしい海老を頭から尻尾までいただけるダイナミックな料理です。海老は「殻付き」か「殻なし」のどちらで調理するか選べますが、噛むたびに海老のうまみが口いっぱいに広がる殻つきが断然お勧めです。海老は車海老のように大きくて身もプリプリ、しかも頭にはエビ味噌まで入っていて大満足の一品です。今回は高級食材である乾アワビを使った海鮮煮もオーダーしてみました。乾アワビは水で戻すのに最低24時間かかるのでので、来店する前日までに予約する必要があります。お値段も時価(この時は$65)でそれなりにしますが、大切な客人をもてなす時や記念日などには、これ以上にない素晴らしいメインディッシュです。さて、うやうやしくテーブルにのぼった”アワビ煮”ですが、アワビはホタテやしいたけと一緒にオイスターソース風のあんで煮込まれています。たっぷりのホタテと大きなしいたけの下から出てきたアワビは、神々しい光を放つかのようにつややか〜。口に含むと弾力のある噛み応えがあり、じゅんわりと潮の味と香りが飛び出してくる感じです。乾アワビのうまみにしいたけのダシがあわさっていて、山と海の幸を一気に感じられる贅沢なお料理でした。確かにお値段はしますが、その分かなりのボリュームで、お店に確認したわけではないですが、多分乾あわびは二つ入っていると思われます。

とにかく、たくさん食べたにも関わらず最初から最後まで期待を裏切らせることはありませんでした。また忙しい時間帯にも関わらず、どの料理もオーダーしてから待たせることなくタイミングよく出してくれるところや、スタッフの気さくで素早い対応も好ポイントとなり、かなり満足度の高いレストランでした。

今回紹介した料理以外にもまだまだたくさんの極ウマ・メニューがあるそうなので、近いうちにまたプライベートで訪れてみようとおもいます。

(04/12/10)

先付けのゆでピーナツと白菜のピクルスはお酒がすすみます。 Crabmeat Shu Maiは小ぶりですが、カニ身がぎっしり詰まっています。 カリッと焼き色がついた皮の中には肉汁がたっぷり。Steamed Pot Stickers
コリコリとしたくらげと、シャキシャキとした香味野菜の歯ごたえが癖になりそうなJelly Fish Salad。 名前の通りとってもジューシーな鶏手羽のから揚げ。Juicy-Juicy Chicken wings Salt & Pepper Tofuは塩と青唐辛子の辛さが淡白な豆腐のあまみを際立たせています。
豆苗の入った”Sauteed Peapods Tipsは、素材のうまさを最大限に感じられる一品です。 揚げナスにピリッと甘辛いソースを絡めたSzechwan Eggplantは取材班のイチオシです。

四川風あんかけソースを新鮮な白身魚にたっぷりと絡めたSzechwan Fish Filletも人気メニューの1つです。

人気の高い塩チャーハンYoung Chow Fried Riceはご飯がパラパ&ツヤツヤ。はずせない一品です。 『Yu’s』のチャンポンとそっくりSeafood Noodle Soupは具が豪華!この日はなんとなまこ入りでした。 甘めのオイスターソースで炒めたMandarin Bean Curdは白ご飯がどんどんすすみます。
"三鮮炒韮黄"は珍しい黄ニラを使った料理。まろやかな甘みと独特の歯ざわりがたまりません。

"椒鹽大蝦"は噛むたびに海老のうまみと香ばしさが広がる「殻つき」でオーダーするのがおすすめ。

高級食材である乾アワビを使った海鮮煮は、一度は食べる価値あり。来店の前日までに予約が必要です。
食後のデザートは全体的に甘さが控えめです。
左から抹茶アイスクリーム、小豆アイスクリーム、そして杏仁豆腐。
食事中は香りよい、暖かいお茶を出してくれます。 入り口すぐに、モダンな感じのフルバーもあります ダークな色の家具とモダンな装飾品でまとめられた店内

HOUR:

火−木  11:30-2:30(ランチ)
4:30-10:00(ディナー)
金  11:30-2:30(ランチ)
4:30-10:30(ディナー)
11:30-3:00 4:30-10:30
(終日ディナーメニューのみ)
11:30−9:30
(終日ディナーメニューのみ)
定休日
お勧めのシチュエーション:
ファミリー、軽いデート、合コン、日本から家族が来た時、接待
服装:
カジュアル
お値段:
$$$$
(¢=$10以下、$=$10~$20、$$=$20〜$30、$$$=$30〜45、$$$$=$45+(ドリンク含まず))
 
     
Copyright:2001-Present:SUMUTOKO.COM.
All rights reserved. mail: info@sumutoko.com
当サイトに関するお問い合わせはシステム統括部webmaster@sumutoko.comまでお願いします。
このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。著作権は『住むトコ.COM』またはその情報提供者に帰属します。
No reproduction, distribution, or transmission of the copyrighted materials at this site is permitted without the written permission of SUMUTOKO.COM., unless otherwise specified. Using this site means you agree to our Terms of Use and Privacy Policy.