シカゴについて 住宅情報 各種手続き 食べる 遊ぶ 買い物 医療・妊娠 観光・旅行 仲間・グループ 学校・お稽古 働く 電話帳 フリマ・掲示板 イベント・カレンダー ぷれ〜り〜バックナンバー
賃貸住宅情報 レストランガイド 日本料理店情報 同窓会 同好会・クラブ 写真ギャラリー 習い事 ゴルフ 旅行代理店お勧めパッケージ 郊外の見所 ベーカリー チョコレート屋さん 試してみよう
『シカゴで食べる』のホーム 『住むトコ.COM』 | シカゴ版ホーム | 連絡先 |
住むトコ内検索
電話帳
医者・病院
歯医者
保険
弁護士
不動産会社
銀行・投資
人材派遣
会計事務所
引越し/運送
クルマ
商工不動産
翻訳・通訳
広告・印刷
宅配
旅行代理店
航空会社
レンタカー
ホテル
ツアコン
食料品店
日本料理
レストラン
ベーカリー・クレープ
ショップ
書店/音楽
美容院
ビデオ屋
カラオケ
コンピューター・ネットワーク
新聞
ゴルフ場
英会話・ESL
習い事
同窓会・同好会
協会
ホーム
日本料理
レストラン・ガイド
ベスト3
レストランの手引き
シカゴの食べ物

食料品店

食材対訳表
ベーカリー
珈琲・お茶
チョコレート
調理用換算表
BBQ
ワイン
アフタヌーンティー
ブランチ
食の特集
用語集
   
サイト内検索
生活を開始する為の手続き
観光
医療・病院
エンターテイメント
学校
ショッピング
レストラン
   
賃貸物件リスト
求人情報
フリマ
掲示板
ぷれ〜り〜・バックナンバー
カレンダー
リンク
     
  シカゴのレストランガイド
エリア別

料理の種類別

ベスト3 レストランの行き方 食に関する特集 日本料理

Bombay Chopsticks  
721 West Golf Road. Hoffman Estates MAP 847-380-5775

今回ご紹介する『Bombay Chopsticks』は、シャンバーグの有名なインド料理店『India House』のオーナーがオープンしたインドと中華料理のフュージョンのお店です。しかも、メインはインド料理ではなく、中華料理やタイ料理で、そこにインド料理特有のクミンやコリアンダー、それにターメリックなどのスパイスを用いた創作料理を出すお店です。私たち日本人にとっては全く新感覚な料理と出会うことができると聞いて早速訪れてみました。インド料理と中華料理というと一見接点が薄そうですが、実は中国からの移民がインドのコルカタ地方に移り住んだのをきっかけに、随分昔から中華料理はインドでも食べられていて、大都市を中心にこうしたインド風中華料理というものは、かなり普及しているのだそうです。勿論、インドの人たちが食する文化なので、牛肉や豚肉があまり使われないのも特徴。このお店でも牛肉の料理はメニューにはのっていないようでした。アメリカではIndian Chinese Cuisineと呼ばれ、既にインド系の人たちの間では親しまれているそうなのですが、そんなお店が郊外に出来るという事はそれだけインド系移民がこのエリアにも増えているという事なのでしょうね。

大きなライオンの銅像が構えている入り口を入ると、店内には入ってすぐそばにバーがあり、天井には煌びやかなシャンデリア、そしてフロアにはシックな風合いの家具が配置され、エキゾチックかつゴージャスな雰囲気がたっぷり。キッチンはガラス張りになっているので、インテリアの一部としてシェフ達の調理している様子を見ることができます。かなり洗練された雰囲気のレストランなので子供連れはどうかなとも思いましたが、事前に連絡しておいたところ、キッズ・メニューも用意されているなど、意外とファミリー・フレンドリーなお店でした。インド系は家族主義だとよく耳にしますが、それが現れているのかも知れません。

まずはアペタイザーに、Chicken Munchuarian Dry、Golden Fried Baby Corn、それにLamb Wontanを頼みました。チキン・マンチュリアンは小さくカットした鶏肉を揚げて、玉ねぎやニンニク、チリペッパーと一緒に和えたもので、ジューシーで香ばしいチキンとニンニクの香りが食欲をそそります。ベビー・コーンは外側のカリッとした食感と中のシャキシャキした歯ざわりが何とも言えません。かなりスパイシーですがビールとよく合う味で、ニンニクとネギの良い香りについつい箸がすすんでしまう美味しさです。そしてワンタンですが、これもお肉にラム肉が使われているのには『なるほど〜』のひとこと。玉ねぎや青ネギの餡を詰めたワンタンは、ぎっちりと入っているお肉の旨みが凝縮されています。パリパリ&カリカリに揚げられている皮の部分と、ジューシーな餡のバランスもよく食べ応えのある一品です。サイドについてくる辛いソースをお好みでつけながら、揚げたてアツアツのうちに頬張るのがオススメ。子供達用にはキッズ・メニューからOrange Chickenをオーダーし、それにHakka Noodles を添えてもらいました。サクッと揚げたチキンには、ほのかにオレンジの香りがするちょっぴり甘辛いタレを絡めていて、大人も子供も親しみやすい味。ハッカ・ヌードルはインド風中華料理の定番料理なのだそうで、細めで柔らかい麺を野菜と一緒に炒めた、優しい味わいの焼きそばです。

ライス・メニューから選んだShrimp Fried Rice はインド米のバスマティ・ライスが使われていて、少量の油でパラパラと仕上がっています。しっかりと塩味がきいていますが、食べた後にほのかにインド風のスパイスの香りが口に残ります。インド料理というとやはり『カレー』が浮かびますが、そこは『インド風』というだけあって、カレーのメニューもタイカレーしかないという徹底ぶり。そこで、ベジタリアン・メニューからココナツ・クリームをベースにしたタイカレー風の野菜炒め、Mixed Vegetables in Thai Curryを選びました。レッド・カレーかグリーン・カレーから選ぶことができるので、今回はグリーン・カレーをチョイス。野菜がメインなお料理なので、ニンジンやベビー・コーン、玉ねぎ、ブロッコリー、カリフラワー、なす、ピーマン、そしてバジルなどの色とりどりの野菜がゴロゴロと入っています。お酢も入っているのか少し酸味もあり、レモングラスの香りと共に香ばしい独特な香りが鼻に抜けていくのも印象的でした。味付けは決して悪くありませんが、インド料理独特のスパイスが隠し味として入っているので、食べなれている一般的なタイカレーとは全く別ものとしてオーダーするのがよさそうです。チキン・メニューから選んだ、シェフのイチオシのKung Pao Chicken は、細かくしたチキンをガーリックやチリペッパー、青ネギ、そしてピーナツと一緒に炒めています。鶏肉はいったん揚げてからソースに絡めているので、とってもジューシーで柔らか。かなり辛い一品ですが、ピーナツのクランチーな歯ごたえと甘みが良いアクセントとなっています。シーフード・メニューからオーダーしたSizzling Pomfret は、揚げたマナガツオにオイスターソースや醤油ベースのとろみのあるタレをたっぷりとかけたもので、淡白でふんわりと柔らかい魚の身とコクのあるソースが抜群の組み合わせ。生姜と青ネギの風味豊なオイスターソースで、白いご飯がどんどんすすみます。骨があるのでちょっと面倒ですが、スプーンを使って身をほぐしながらいただきましょう。

デザートにオーダーしたBanana Pancakeは潰したバナナに衣を付けて揚げたのもので、外側はカリッと、中はモッチリとした食感は癖になりそう。余計な甘さはほとんどないので、サイドについてくるアイスクリームと一緒に食べる方が美味しくいただけるかもしれません。

ドリンク・メニューにもコニャックなどの高級なお酒があるなど、全体的に豪勢なムードがあるお店で、マティーニをはじめカクテル・ドリンクも数多く取り揃えられています。また、インポート・ビールの中にはタージマハールをはじめ珍しいインドビールもズラリ。食事の後にお酒を楽しむためにだけ訪れてもエキゾチックな雰囲気を味わえて面白いかも。

間違っても本格中華や本格インド料理しか食べられないという人にはお勧めしませんが、今までの『食』の常識を覆されるような体験を希望している方には是非試してもらいたいとてもユニークなお店です。

(1/17/2011)

揚げたチキンをチリペッパーと一緒に和えたChicken Munchuarian Dry。 カリッとした食感、シャキシャキした歯ざわりが何とも言えないGolden Fried Baby Corn。 お肉の旨みが凝縮されたLamb Wontanは揚げたてのうちにどうぞ。
キッズ・メニューのOrange ChickenにはHakka Noodles を添えて。 インド米のバスマティ・ライスを使ったShrimp Fried Rice 。 Mixed Vegetables in Thai Curryは、伝統的なタイ料理に独特のインドスパイスを効かせています。
シェフのイチオシのKung Pao Chickenは香ばしいピーナツがアクセント。 揚げたマナガツオに風味豊なオイスターソースをたっぷりとかけたSizzling Pomfret。 バナナに衣を付けて揚げたBanana Pancakeは自然な甘味とメリハリのある食感がグー。
 
インドの代表的なビール、タージマハールもお料理と一緒にいかが? エキゾチックかつゴージャスな雰囲気たっぷりの店内。  

HOUR:

ランチ
月−金: 11:30 am - 3:00 pm
土 日 : 12:00 pm - 3:00 pm
ディナー
日−木: 5:00 pm - 10:00 pm
金 土 : 5:00 pm - 11:00 pm
お勧めのシチュエーション:
軽いデート、会食、接待、二次会、ファミリー
服装:
カジュアル
お値段:
$$$$
(¢=$10以下、$=$10~$20、$$=$20〜$30、$$$=$30〜45、$$$$=$45+(ドリンク含まず))
 
     
Copyright:2001-Present:SUMUTOKO.COM.
All rights reserved. mail: info@sumutoko.com
当サイトに関するお問い合わせはシステム統括部webmaster@sumutoko.comまでお願いします。
このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。著作権は『住むトコ.COM』またはその情報提供者に帰属します。
No reproduction, distribution, or transmission of the copyrighted materials at this site is permitted without the written permission of SUMUTOKO.COM., unless otherwise specified. Using this site means you agree to our Terms of Use and Privacy Policy.